Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「表彰台争いに向けて全力を尽くそう」

13度の表彰台を獲得したルマンで今季2度目、最高峰クラスで200度目の表彰台に挑戦。

モンスター・エナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、来季の参戦を正式に発表した前戦カタルーニャGPで今季初の1列目から2戦連続の転倒リタイアを喫して、総合11位に後退。

今季2度目の3連戦を終えた後、数日間の休息を経て、最終戦ポルトガルGPの開催地、ポルティマオ・サーキットを初訪問。レイアウトと特徴を理解するために市販車(YZF-R1)に乗り込み、周回を重ねた。

「トラックは美しく、テクニカルで非常に難しいことから、ここで走ることは大変興味深い。高低差が大きいことから、非常にストレンジなトラックだけど、美しく、アスファルトは良く、グリップが良い。ここで走ることはとても楽しい。テレビで観るよりも難しく、少しトリッキーだけど、実際には良い。ビックなジャンプをしてしまうことから、少し怖いところが、3、4か所ある。『MotoGP』バイクを路面に接地した状態を維持するのは難しいだろう。」

「全体的に走らせるにはとてもスイートなトラックだから、好きだ。グッドなコンディションだったからテストには良い一日となった。これは新しいトラックに慣れるために重要だ。」

最高峰クラス351戦目、キャリア通算411戦目となる今週末の第10戦フランスGPでは、前戦のスピードを維持し、当地で2年ぶり14度目、最高峰クラスで200度目、通算236度目の表彰台を狙う。

「確かに前戦の最終的な結果は残念だったけど、表彰台を争うのに十分な速さがあったことはポジティブ。今週末に何かを試すことができると思う。ルマンは大好きなトラック。通常、僕たちは戦闘力がある。」

「目標はカタルーニャで取り組んだ仕事を続けること。そして、再びトップ争いをすること。表彰台争いに向けて全力を尽くそう。日曜のレースに向けて準備ができるように、少なくても天候が安定してくれることを願う」と週末の目標と意気込みを語った。

過去20年間でのリザルト
2019年:5番グリッド/5位
2018年:9番グリッド/3位
2017年:2番グリッド/転倒リタイア
2016年:7番グリッド/2位
2015年:7番グリッド/2位
2014年:5番グリッド/2位
2013年:8番グリッド/12位
2012年:7番グリッド/2位
2011年:9番グリッド/3位
2010年:ポールポジション/2位
2009年:4番グリッド/16位
2008年:4番グリッド/優勝
2007年:4番グリッド/6位
2006年:7番グッド/リタイア
2005年:ポールポジション/優勝
2004年:4番グリッド/4位
2003年:ポールポジション/2位
2002年:ポールポジション/優勝
2001年:3番グリッド/3位
2000年:10番グリッド/3位

VideoPass(ビデオパス)』では、第10戦フランスGPのプレスカンファレンスから『MotoE™ワールドカップ 』の決勝レースまで完全網羅の生中継で配信