Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Ducati Team

「濡れた状態が続くのか、乾き始めるのか、決して分からない」

ラスト3ラップで2つポジションを落とした原因は、柔らかめのタイヤ選択。

ドゥカティ・チームアンドレア・ドビツィオーソは、第10戦フランスGPの決勝レースで2列目6番グリッドから優勝争いを繰り広げ、3.911秒差の4位。今季3度目の表彰台を逃したが、24ポイント差の総合4位から18ポイント差の総合3位に浮上した。

「今日はもっと良い結果を期待していたから少しがっかり。ダニロは非常に速く、本当に上手く走れていた。レース中は彼と一緒に走ることができたけど、最終的にはタイヤ選択の代償を払うことになってしまった。」

「僕たちはフロント、リア共にソフトを装着。終盤は正しく旋回することができなかった。このコンディションでは、いつも正しい選択をすることが難しい。濡れた状態が続くのか、乾き始めるのか、決して分からない。残念だけど、ポイント差を詰めることができた。ダニロの優勝が嬉しい。さあ、次戦のアラゴンに向けて集中しよう」と、表彰台を逃した原因を説明し、チームメイトの優勝を喜んだ。

「タイヤが完全に終わってしまった」

VideoPass(ビデオパス)』では、第10戦フランスGPの決勝レースを含む全セッションをオンデマンドで配信