Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

「ドゥカティの2台を一気に抜いた、最高!」

ファウストラップを連発してトップグループを捕まえたが、オーストリアに続き、優勝争い中に転倒。

チーム・スズキ・エクスターアレックス・リンスは、第10戦フランスGPの決勝レースで6列目16番グリッドからオープニングラップで7番手にジャンプアップ。

2ラップ目にカル・クラッチロー、3ラップ目にファビオ・クアルタラロ、4ラップ目にポル・エスパルガロを抜いて、3秒差のドゥカティ勢を追走。ファウストラップを連発して射程圏内に捉えると、18ラップ目には2番手に浮上したが、20ラップ目に週末2度目、今季7度目の転倒を喫した。

「転倒は不運だったけど、実際には沢山のポジティブなことがあったから良い感じ。レースディレイとグリッドの悪いポジションというプレッシャーをマネジメントし、バイクの上ではとても良い快適さを感じた。」

「沢山のポジションとタイムを挽回して、リーディンググループ内で良い感じで走れていた。ドゥカティの2台を一気に抜いた。あれは最高に良い気分だった!最終的に転倒してしまい、表彰台を獲得できなかったけど、アラゴンは僕にとってホームレース。あそこに行けることが嬉しい。良い予選にしたい」と、転倒も好感触を得たことを説明した。

「2台をまとめて抜いたのはすごかった」

VideoPass(ビデオパス)』では、第10戦フランスGPの決勝レースを含む全セッションをオンデマンドで配信