Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「フロントを失ってしまった。僕の責任」

アンダルシアでの技術問題とオーストリアでの激突に続き、3度目の離脱で総合6位に後退。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームフランコ・モルビデッリは、第10戦フランスGPの決勝レースで4列目11番グリッドから1ラップ目に17番手、5ラップ目に19番手に後退。

2人を抜き、1人が転倒して16番手を走行していたが、17ラップ目に今季4度目の転倒。今季3度目のリタイアにより、31ポイント差の総合5位から38ポイント差の総合6位に後退した。

「グッドなスタートだったけど、バレンティーノのインシデントに巻き込まれる形で、ポジションを大きく落としてしまった。そこからは本当にハードなレースになってしまい、ステップ・バイ・ステップでリズムを見つけて行くしかなかった。前のグループを捕まえようと、ラストの10ラップでもう少しプッショすることを決意したけど、4コーナーでミスを犯してしまい、フロントを失ってしまった。」

「8位か9位は可能だったと思うから残念だけど、ミスは僕の責任。1ポイントも稼げなかった。ミス以外は、ポジティブな週末だった。特に今朝はすごく速かった。このスピードをアラゴンに持ち込まなければいけない」と、転倒の原因を説明し、最速時計を記録したウォームアップ走行の走りを継続することを強調した。

VideoPass(ビデオパス)』では、第10戦フランスGPの決勝レースを含む全セッションをオンデマンドで配信