Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「決して諦めず、ジョアンに抜かれたけど、直ぐに抜き返した」

初体験のウェットレースで総合2位とのアドバンテージを8ポイント差から10ポイント差に拡大。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームファビオ・クアルタラロは、第10戦フランスGPの決勝レースでポールポジションから1ラップ目に4番手、3ラップ目に6番手、4ラップ目に10番手、6ラップ目には11番手まで後退。

前方を走る3人が転倒したことから8番手に浮上。最終ラップにステファン・ブラドルに抜かれたが、タイトル争いのライバル、ジョアン・ミルとマーベリック・ビニャーレスを抑えて9位。貴重な7ポイントを稼いだ。

「全員がグリッド上に並び、レースのスタートを待っていたところで、雨が降り出してしまった。がっかりした。ドライコンディションなら、僕たちにとって良いことは分かっていた。ホードなレースになってしまったけど、決して諦めず、最終ラップはジョアンに抜かれたけど、直ぐに抜き返した。」

「可能な限り多くのポイントを稼ぐことが重要で、実際に、僕たちのリードを広げることができた。アラゴンが楽しみだけど、トリッキーなコンディションとなったレースに満足。ホームのファンの前でポールポジションからスタートしたことは本当に特別。僅か5千人だったけど、本当に僕を助けてくれた」と、ウェットレース初体験とアドバンテージの拡大を喜んだ。

「スタート直前に雨が降り出したことは本当に残念」

VideoPass(ビデオパス)』では、第10戦フランスGPの決勝レースを含む全セッションをオンデマンドで配信

推奨記事