Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

「僕は準備が出来ている」

アラゴンで最高峰クラス初優勝を狙い、ポイントリーダーにプレッシャーをかけに行く。

チーム・スズキ・エクスタージョアン・ミルは、第10戦フランスGPで11位。最高峰クラスで初めてのウェットレースを経験すれば、今週末は軽量級のタイトルを獲得した3年前に優勝、最高峰クラス1年目に14位で完走したモーターランド・アラゴンで、10ポイント差のポイントリーダーに挑戦する。

「寒いサーキットとそのマネジメントの手段に慣れてきた、そんな手応えがあるから、フランスからアラゴンに行くことはナイスだけど、結局のところ、全てが違うから、実際に走り始めるまでは、本当の状況が分からない。」

「アラゴンは本当に大好きなトラック。良い気分で乗り込む。まだスタンディングのトップに近く、前戦では幾つかのポイントを節約できた。僕は準備が出来ている」と、再度ポイントリーダーに挑戦することを宣言した。

過去4年間のリザルト
2019年:9番グリッド/14位
2018年:15番グリッド/6位(Moto2™クラス)
2017年:6番グリッド/優勝(Moto3™クラス)
2016年:24番グリッド/5位(Moto3™クラス)

VideoPass(ビデオパス)』では、第11戦アラゴンGPの開催前日プレスカンファレンスから決勝レース後のプレスカンファレンスまで完全網羅の生中継で配信