Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「48秒台のリズムで走れる」

今季3度目の1番手発進から第3戦アンダルシアGP以来2度目の初日総合1番手に進出。

モンスターエナジー・ヤマハ・ヤマハ・MotoGPマーベリック・ビニャーレスは、第11戦アラゴンGPのフリー走行1で今季3度目の1番手発進。フリー走行2は、3度のコースインで15ラップを周回すると、1分49秒台を3回、1分48秒台を3回、1分47秒台を1回記録し、週末2度目、今季10度目の1番手、今季2度目となる初日総合1番手に進出した。

「最初にバレがアラゴンに来られなかったことを申し訳なく思う。1日も早い回復を願う。」

「今日は良かった。グッドなラップタイムだったと思うからとても嬉しい。トラックの状態は最高でなくても、僕たちのラップタイムはすごく速かった。バイクは最初のラップから良く機能している。沢山の流れるようなコーナーは、僕たちにとって良いことは分かっていた。幾つかのコーナーに対して改善が必要だけど、今日の仕事をとても嬉しく思う。」

「今日も風が強かった。その中でもヤマハは非常に安定している。僕たちのレースペースは非常に良い。タイヤを理解するために、もう少し時間が必要だけど、1分48秒台のリズムで走ることができる。これは良いことだ。」

「明日は気温がもう少し上昇することを願う。特に午前のコンディションは非常に困難で、バイクの上にとどまることが非常に難しかった。明日のセッションを使って、より一貫性になれるようにトライしよう。トラック全体に対してまだ完璧ではないことから、ライディングスタイルを改善しよう。フリー走行3で一歩前進することができる。とにかく、僕たちは良い仕事をした。全体的にポジティブ。明日に向けて焦点を合わせよう」と、好発進した初日を評価し、2日目の課題を説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

「第3セクターで大幅な改善」

VideoPass(ビデオパス)』では、第11戦アラゴンGPの公式予選と決勝レースを完全網羅の生中継で配信