Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By Repsol Honda Team

「完璧な挽回。オーバーテイクを楽しんだ」

フロントにミディアムタイヤを装着。2戦連続の2位で新人王争いにおいてビンダーに並ぶ。

レプソル・ホンダ・チームアレックス・マルケスは、第11戦アラゴンGPの決勝レースで3列目11番グリッドからステップ・バイ・ステップでポジションをアップすると、14ラップ目に3番手、18ラップ目には2番手に浮上。

最高峰クラス10戦目での初優勝に向けてトライしたが、0.263秒差の2位。ウェットレースだった前戦フランスGPに続き、2戦連続して2位を獲得した。

「正直なところ、11番グリッドからスタートして、表彰台でフィニッシュできるなんて思いも寄らなかったけど、完璧な挽回ができた。僕はできることした!終盤に向けてタイヤを温存できることは分かっていた。1つ1つのオーバーテイクを楽しんだけど、フロントタイヤが本当に限界だった。」

「もう一度、表彰台を獲得できたことは最高。それもドライで。週末を通じて僕たちのポテンシャルを証明した。予選の仕事を継続する必要があるけど、今日達成したことを楽しむことができる。僕を信じ、助けてくれ、導き、決して諦めなかったチームに改めて感謝したい。信じられないバイクを準備してくれ、レースを楽しんだ」と、ドライコンディションで9人を抜いたレースを振り返った。

VideoPass(ビデオパス)』では、第11戦アラゴンGPの決勝レースをオンデマンドで配信

推奨記事