Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Repsol Honda Team

「中古タイヤで強い。トップ5が可能だ」

前戦の11番グリッドを更新する今季の最高位の10番グリッドを獲得。

レプソル・ホンダ・チームアレックス・マルケスは、第12戦テルエルGPの公式予選でポールポジションタイムから0.721秒差の10番手。2戦連続の4列目から明日の決勝レースを迎える。

初日は1番手と10番手。2日目はフリー走行3で5番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4では15ラップを周回すると、1分49秒台を4回、1分48秒台を5回記録して11番手だった。

「先週末のベストタイムは48.1秒。今週末は今日の午前に47.5秒を記録したから、僕たちは一歩前進した。正直なところ、3列目を狙っていたけど、達成できなかった。僅かな差が違いを作ってしまう。これがこのカテゴリーなんだ。」

「僕たちのペースは良いけど、10番グリッドからのスタートは、今週末に全員が良くなかったから、表彰台は難しいだろう。グッドなスタートを切ることが重要だ。僕たちは中古タイヤで強い。トップ5が可能だと思う。グッドなレースになるようにトライしよう」と、着実な成長を喜び、決勝レースでの目標を説明した。

VideoPass(ビデオパス)』では、第12戦テルエルGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信