Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By FIM MotoGP™ Stewards

ビニャーレスにピットレーンスタートのペナルティ

12戦目の初日に今季の年間エンジン使用基数の上限を超える6基目を使用したが理由。

FIM MotoGP™ Stewards Panel(スチュワードパネル)』は6日、モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスが第13戦ヨーロッパGPのフリー走行1で年間で使用可能なエンジン基数の上限(2020年シーズンは5基/コンセッション資格メーカ7基)を超えたことから、同グランプリの決勝レースで、公式予選の順位に関係なく、ピットレーンからシグナル点滅の5秒後にスタートするペナルティを科すことを発表した。

総合3位に進出するビニャーレスは、第2戦スペインGPで3基を使用すると、第3戦アンダルシアGPで1基をアロケーションから撤回し、4基目と5基目を使用。第12戦テルエルGPまで、4基をローテーションで使用していた。

過去、同制裁が科せられたのはポル・エスパルガロ。2017年11月の最終戦バレンシアGPで制限の9基を超える10基目をフリー走行2から使用したことから、公式予選2で11番手だったが、決勝レースではピットレーンからスタートしていた。

VideoPass(ビデオパス)』では、第13戦ヨーロッパGPの公式予選と決勝レースを完全網羅の生中継で配信