Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「力強さを取り戻すため段階を踏む」

4戦連続の転倒リタイア、2戦連続の欠場から、2か月ぶりにポイント圏内で完走。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、第14戦バレンシアGPの決勝レースで6列目16番グリッドから19.717秒差の12位。第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP以来となる完走で4ポイントを稼いだ。

「このレベルでは、力強さを取り戻すためには段階を踏まなければいけない。自分のミスとバイクの問題、新型コロナウイルスが原因で6戦連続の0ポイントだった。前回は4ラップしか周回できなかったら、このレースで走り切る必要があった。キャリアを通じて、僕の最悪のトラックだから難しくなることは覚悟していたから全てを試してみた。不運にもグリップはあまりなかったけど、ようやく、レースをフィニッシュすることができた。」

「十分に速くなかったけど、最後まで一貫した走りだった。フィジカル面も良かった。これは重要なこと。来週末のポルティマオでは、バイクとタイヤのフィーリングを向上させたい。戦闘力を高めよう。」

「ミルはこのチャンピオンシップに相応しいと思う。年齢のわりには成熟し、決定的なときにミスを犯さなかったから、彼を祝福しよう」と、12位でフィニッシュしたレースを振り返った。

最先端の多視点観戦、マルチスクリーン!『VideoPass(ビデオパス)』では、第14戦バレンシアGPの決勝レースをオンデマンドで配信