Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By motogp.com

ユーチューバーとしてトレーニングを紹介

最高峰クラスに昇格するホルヘ・マルティンがモトクロストレーニングを動画で公開。

ドゥカティ・コルセとの間で1年契約を締結し、サテライトチームのプラマック・レーシングから最高峰クラスに初参戦するホルヘ・マルティンは、自身が運営するユーチューブを利用して、トレーニングを紹介。

第1弾として、スペインのカルタヘーナ・サーキットを訪れ、ドゥカティから供給されたパニガーレV4Sを初めて走行した動画を走行を紹介すると、第2弾は、レッドサンド・モトクロス・パークでのモトクロストレーニングを公開。

「2本目のビデオにようこそ!僕たちはレッドサンド、砂のモトクロストラックに向かっているところ。砂地での走行は一度も試したことがない。少し手古摺ると言われたから、コンディションの適応には少し苦労するだろう。早く到着して、その感覚を試し、何よりも僕は上達したい。モトクロスはプレシーズン中の準備として、よく利用するトレーニング。友人たちと一緒に楽しもう。ガス!」

「まあ、最初は非常に難しかった。本当にバイクが大きく動いてしまい、少し苦労した。僅か3周で前腕は石のようにパンパンに硬くなってしまった。少しずつだけど、飛べるようになっている。もう少し上手く走れるようになったら、胸にカメラを装着して、バイクの上で僕がどのように走っているのか、その感覚や難しさを伝えたい。」

「1日が終了。本当に難しかったけど、すごく楽しかった。全てのカーブとジャンプセクションをつなぎ合わせることが困難だった。リアクションがどうなのか、アイデアをだいたい掴んでくれたと思う。常に高い集中力の維持が必要だ。」

「見ての通り、非常に難しかった。常に100%でならなければいけない。トレーニングの1日が終わり、『MotoGPバイク』に乗るまでカウントダウンと言ったところ。この動画を気に入ってくれることを願う。ユーチューブチャンネルには沢山のサポートが届いているから、これからも続けるつもり。ハグ!」