Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 hours 前
By motogp.com

ヨハン・ザルコがアスリート専用施設でトレーニング

レッドブル所属のアスリートたちと共に専門家の助言の下、フィジカルトレーニングを実施。

Tags MotoGP, 2021

プラマック・レーシングから最高峰クラス5年目を迎えるヨハン・ザルコは、オーストリア・ザルツブルクにある『Red Bull Athlete Performance Center (レッドブル・アスリート・パフォーマンス・センター)』をパーソナルレーナーと共に訪れ、物理的、生理学的、生体力学的側面から収集したデータを参考にフィジカルトレーナー、理学療法士、医師ら専門家の助言に従い、フィジカルトレーニングに取り組んでいる。

「アスリート・パフォーマンス・センターの全てのチームに感謝!レッドブルには多くのアスリートたちが所属していることから、自分がどこにいるのか理解している。まだ取り組むべきことが多いと思っていたけど、既に準備が整っていると指摘してくれた」と、感想を語った。

競技を問わず、レッドブルの契約選手たちが利用するアスリート専用施設のレッドブル・アスリート・パフォーマンス・センターには、2019年12月にレッドブルの招待を受けたブラッド・ビンダー、イケル・レクオナ、長島哲太、鳥羽海渡、佐々木歩夢、ラウール・フェルナンデェス、デニス・オンジュが訪れ、トレーニングを実施していた。

競技を問わず、レッドブルの契約選手たちが利用するアスリート専用施設のレッドブル・アスリート・パフォーマンス・センターには、2019年12月にレッドブルの招待を受けたブラッド・ビンダー、イケル・レクオナ、長島哲太、鳥羽海渡、佐々木歩夢、ラウール・フェルナンデェス、デニス・オンジュが訪れ、トレーニングを実施していた。