Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By motogp.com

ファビオ・クアルタラロが12月に新型コロナウイルス感染

ロッシ、レクオナ、マルティンらに続き5人目の感染者。1ヶ月後のテストを前に体調回復。

Tags MotoGP, 2021

ヤマハのファクトリーチーム、モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPから最高峰クラス3年目を迎えるファビオ・クアルタラロは10日、自身が運営するソーシャルメディアで新型コロナウイルスに感染していたことを告白。1ヶ月後のオフィシャルテストを前に、約1ヶ月間のトレーニングにより、体調が回復したことを明かした。

活動の拠点アンドラを中心にイタリアとスペインでトレーニングに取り組む21歳のフランス人ライダーは、10日のトレーニング終了後、「12月に新型コロナウイルスに感染した後、体調を崩してしまったけど、トップレベルに戻れたことは最高だ」とショートメッセージを配信した。

パドックでは、バレンティーノ・ロッシとホルヘ・マルティンがそれぞれ2戦に欠場。イケル・レクオナはアシスタントを務める弟が感染したことから1戦に欠場した後、自身も感染で2戦に欠場。トニー・アルボリーノは、移動中に感染者と接触したことから1戦に欠場。リカルド・ロッシも感染が原因で1戦の欠場を強いられた。

グレシーニ・レーシングのチームマネージャー、ファウスト・グレシーニは、クリスマス直前に症状を訴え、12月26日から入院している。