Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By motogp.com

「カル・クラッチローは僕たちにとって相応しいライダー」

タイトル獲得に挑むビニャーレスとクアルタラロがテストライダーの必要性と重要性を説明。

Tags MotoGP, 2021

ヤマハ発動機のファクトリーチーム『Monster Energy Yamaha MotoGP』がチーム発表会を実施した後、マーベリック・ビニャーレスファビオ・クアルタラロは、3月5日のシェイクダウンテストからテストライダーとして活動を開始するカル・クラッチローに対して期待の大きさを説明。タイトル争いにおいて必要不可欠な存在だと強調した。

所属5年目を迎えるビニャーレスは、「カルはチームに多くの静けさをもたらしてくれるだろう。僕たちはレースウィーク中にバイクを試していたことから、非常にナーバスだった。」

「新しいコンポーネントを試す場合、99%のケースで機能せず、僅か1%のケースだけ良い。カルのような本当にバイクのことを理解し、限界までプッシュし、他のメーカーのバイクを把握し、各ラップで最善を尽くすライダーがいれば、新しいスイングアームやエキゾースト、サスペンションを週末に試す必要がないことを意味する。レースに集中することができる。」

「カルは、『これはイエス、これはノー』と評価を下すことができる。これは僕のたちの多くの問題を解決し、必要としていることに集中する機会を与えてくれるという意味。カルはグッドなライダーで良い仕事ができることから、彼の加入は僕たちにとって非常に重要だ。成功を期待する」と、テストライダーの必要性とクラッチロー加入の重要性を説明。

ファクトリーチームに昇格したクアルタラロは、「カルの加入がとても嬉しい。彼を良く知る。非常に強い精神を持ち、とても率直で、僕たちにとって適した人物だと思う。何か悪いことがあれば、左にも右にも行く必要はない。真っ直ぐに行かなければいけない。時間を失うことはできない。」

「多くのテストを実施することが重要。ヤマハが様々なコンポーネントを検証し承認できるように多くのことを実行することを願う。最終的にそのことが重要だから」とテスト実施を訴えた。

最高峰クラスで10年間のキャリアを積んだテストライダーのカル・クラッチローは、3月5日のシェイクダウンテストから開発プログラムに着手。テストプログラムでの成果が期待できる場合には、ワイルドカード参戦の可能性がある。

カル・クラッチローの重要性