Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By motogp.com

「ロッシの人気より結果に着目」

安定感、経験、結果に期待。注目の契約更新は序盤5~6戦後のパフォーマンスに依存。

Tags MotoGP, 2021

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームのチームオーナー、ラズラン・ラザリは1日、最高峰クラス参戦3年目に向けたチーム体制発表会を開催した後、オンラインによるメディア会見で、新加入として迎え入れたバレンティーノ・ロッシへの期待と効果を説明。

「バレンティーノは生きる伝説であり、マレーシアにも沢山のファンがいることから、我々のチームで起用することは、全てのファンにとって、信じられないことであり、感動的なことです。10月にセパンで開催されることが予定され、それはファンタスティックな瞬間となるでしょう。ここ数ヶ月間、彼が世界中でどれほど重要な存在であるかを学びましたが、我々は彼の人気より、結果に着目します。」

「バレンティーノは安定感と経験、そして、リザルトをもたらすことができます。通常の状況であれば、他のライダーの起用を検討したところですが、その機会はありませんでした。我々にはフランコ・モルビデリという若手が既にいることから、バレンティーノは例外的と言えるでしょう。」

「2人は長い関係があり、友人同士であることから、他のライダーたちよりもマネジメントが容易になると思います。もちろん、ピットボックスに壁を設置する必要はありません。」

「全てのライダーたちのように、序盤の5戦、6戦が重要となるでしょう。バレンティーノは大変経験豊富なライダーあり、(自身の進退を)見極めるには十分な経験があり、パフォーマンスも検証する必要があります。ヤマハとの合意により、契約期間は1年。シーズン末に契約が終了します。長いコミットメントを受け入れることができません」と契約更新に関しても言及。

チームディレクターのヨハン・スティグフェルトは、「バレンティーノのパフォーマンスを確認しましょう。彼はチームに対して満足しなければいけません。継続を望む場合、我々はそこにいます。解約更新に関しては話すのは時期尚早であり、今は現状に集中するときです」と、ロッシとの契約更新に関して、チームオーナーと同調。

「バレンティーノにとっては、新たなスタートかもしれません。長い間ファクトリーチームに所属していた後だけに、異なるでしょう。我々は1995年からお互いを知り、ラザリとは異なる関係があります。常にレースへの情熱を注ぎ、彼と話をしたとき、外側からその情熱の全てを感じることができると言いました。長年蓄積した経験を活かしましょう。目標は表彰台、そして幾つかの勝利です。達成できたら最高です!」

「彼は数人のスタッフたちと加入します。我々との組み合わせは良いかもしれません。我々は常にオープンマインドで、フランコ・モルビデリとファビオ・クアルタラロは素早く適応し、良好な関係を築きました。我々は人を心配します。幸せになってもらいたいです。幸せな人、幸せなチーム、速いライダー。これが私の考え方です」と、良好な関係を築いていくことを説明した。

最高峰クラス2年目に最多の6勝を挙げたペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームは、3月6日からロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストに参加。タイトル獲得を視野にトラックでの準備を開始する。