Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By Ducati Lenovo Team

「ここまでのところ、感触は全てポジティブ」

ファクトリーライダーとしての役割を担い、テストプログラムを次々に消化。

ドゥカティ・レノボ・チームフランチェスコ・バグナイアは、最高峰クラス3年目のシーズンに向けて、今年最初のオフィシャルテストに参加。2021年型プロトタイプマシン『Desmosedici GP21』に乗り込み、1日目はフィーリングを取り戻すことに専念。2コーナーで転倒を喫したが、新型カウルを試して好感触を得ると、2日目は複数のテスト項目を消化しながら10度のコースインで48ラップを周回。1分55秒台を12回、1分54秒台を2回記録して、トップタイムから0.711秒差の総合9番手に進出した。

「本当に忙しい1日となったけど、僕たちが2日間を通じて取り組んだ全てのことに満足。様々なコンポーネントを試した。ここまでのところ、感触は全てポジティブ。幸いなことに、次の3日間のテストに向けて、データを分析し、作業を計画する2日間がある」と計98ラップを周回した後、充実した2日間となったことを説明した。

オフィシャルテストリザルト
1日目:1分55秒572(50ラップ/13番手)
2日目:1分54秒651(48ラップ/9番手)

テストベストラップ:1分53秒858(2020年マーベリック・ビニャーレス)
ベストレースラップ:1分54秒927(2016年ホルヘ・ロレンソ)
オールタイムラップ・レコード:1分53秒380(2019年マルク・マルケス)

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、オフィシャルテストのビデオコンテンツの配信だけでなく、開幕戦カタールGPから3クラス全戦全セッションを完全網羅の生中継で配信