Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 hours 前
By Ducati Lenovo Team

「終盤にアタックを仕掛けるつもりだった」

宣言通りにスタートで2番手に浮上したが、序盤の走りを維持できず9位に後退。

ドゥカティ・レノボ・チームジャック・ミラーは、最高峰クラス100戦目、キャリア通算155戦目となった開幕戦カタールGPの決勝レースで2列目5番グリッドから7.058秒差の9位。7ポイントの獲得にとどまった。

「期待していたリザルトではないけど、とにかく、チャンピオンシップをスタートする上で重要なポイントを稼いだ。残念なことに、グッドなスタートを切った後、中盤にリアタイヤの問題が出始めてしまい、最後までマネジメントしなければいけなかった。」

「3番手を走行しているときは本当に良い感じがあり、終盤にアタックを仕掛けるつもりだった。何が起こったのかを理解し、ここカタールで開催される次戦に向けて解決策を見つけるためにデータの分析に努めよう」と優勝、表彰台争いから遅れた原因を説明した。

「説明が難しい...」

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、開幕戦カタールGPの決勝レースをオンデマンドで配信