Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By motogp.com

アプリリア、トップ6の壁を超えられるか

『MotoGP™クラス』の最高位は6位。過去の最高位は原田哲也とマクウィリアムスの3位。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニアレイシ・エスパルガロは、開幕戦カタールGPの決勝レースで8番グリッドから5.934秒差の7位でフィニッシュ。歴史的な記録を達成した。

アプリリアは、2015年にグレシーニ・レーシングとのコラボを結成して、2004年以来11年ぶりに最高峰クラスに復帰。1年目は2度の10位が最高位だったが、2年目には3度の7位を獲得。

3年目の2017年、開幕戦カタールGPでアレイシ・エスパルガロが2003年の開幕戦日本GP(コーリン・エドワーズ)以来となる『MotoGP™クラス』でのベストリザルトタイの6位を獲得すると、2019年の第17戦オーストラリアGPでアンドレア・イアンノーネが6位に進出。

優勝者からのタイムギャップでは、昨年第11戦アラゴンGPの14.598秒差(13位)を大きく上回り、過去最短だった2017年開幕戦カタールGPの7.661秒差(6位)も突破。

アプリリアが最後にトップ6以内に進出したのは、2000年7月の第9戦イギリスGP。ウェットコンディションとなったドニントンパークでジェリミー・マクウィリアムスが優勝を展開して0.944秒差の3位表彰台を獲得。ドライコンディションでは、同年5月の第6戦イタリアGPでマクウィリアムスが8.041秒差の3位に進出していた。

アプリリアが最高峰クラスで初表彰台を獲得したのは、1999年5月の第4戦フランス。原田哲也が3位に進出すれば、同年の第8戦イギリスGPで原田が2度目の3位を獲得。『500ccクラス』で計4度の3位を記録している。

アプリリアは今週末、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催される第2戦ドーハGPで『MotoGP™クラス』初の表彰台獲得に挑戦する。

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第2戦ドーハGPから3クラスの全セッションを完全網羅の生中継で配信

推奨記事

motogp.com
『Season so far』~アルガルヴェ

4 months ago

『Season so far』~アルガルヴェ

motogp.com
『Season so far』~エミリア・ロマーニャ

4 months ago

『Season so far』~エミリア・ロマーニャ

motogp.com
『Season so far』~アメリカズ

4 months ago

『Season so far』~アメリカズ

motogp.com
『Season so far』~アラゴン

4 months ago

『Season so far』~アラゴン