Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By motogp.com

マックフィーとアルコバに対してピットレーンスタートの罰則

転倒後にグラベル上で揉み合った2人に対して、次戦ポルトガルGPでペナルティ。

FIM MotoGP™ Stewards Panel(スチュワードパネル)』は4日、第2戦ドーハGPの決勝レース後、決勝レースの15ラップ目1コーナーで転倒したジェリミー・アルコバジョン・マックフィーに対して、スポーツの利益に何らかの不利益をもたらす行為により、第3戦ポルトガルGPの決勝レースにおいて、ピットレーンからスタートするペナルティと罰金1000ユーロを科すことを発表。アルコバは、通常のピットレーンスタートから5秒後、マックフィーは10秒後にスタートすることになった。

トップグループで走行していたアルコバは、1コーナーの手前で前を走行するダーリン・ビンダーと衝突。転倒した際にアルコバ車が後ろに位置していたマックフィーに激突したことから、2人は転倒。グラベル上で揉み合いになったことから、ペナルティの対象となった。

第2戦ドーハGP『Moto3™クラス』~クラッシュ

VideoPass(ビデオパス)』なら『いつでも、どこでも、観たいとき』に視聴が可能。第2戦ドーハGPの決勝レースをオンデマンドで配信中!