Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By motogp.com

プレスカンファレンス~ヘレスの新たな歴史の1ページが開く

シーズン第4戦の開催を前日に控えた中、6名の主役たちが共同記者会見に出席

第4戦スペインGPプレスカンファレンスは29日、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトのプレスカンファレンスルームで行われ、前戦ポルトガルGPで今季2勝目を挙げた総合1位のファビオ・クアルタラロ、総合2位のフランチェスコ・バグナイア、総合5位のジョアン・ミル、総合11位のフランコ・モルビデリ、前戦で負傷から復帰を果たしたマルク・マルケス、軽量級で総合1位に進出する新人ペドロ・アコスタが出席。

ファビオ・クアルタラロ
「すごく興奮している。このトラックを愛しているけど、バイクとチームに良い感じがある。カタールと同じように仕事をすることだけを考えている。ミゲール・オリベイラはポルティマオで昨年勝ったけど、今年は苦戦した。同じやり方で仕事をすることに焦点を当て、日曜に向けて準備をしたい。昨年の2連勝は何の意味もない。」

「2020年は沢山のことが起こった。そのことが大いに役立っていると感じる。2019年は全てが完璧だった。7度の表彰台と7度のポールポジションを楽しんだけど、2020年は浮き沈みが激しかった。良いスタートが切れたけど、エンジンや電子制御の問題があり、少し落ち込んでしまった。巻き返したけど、終盤は本当に酷かった。僕はそこから多くのことを学んだと感じる。」

「落ち着きを維持させることが最も重要。バイクの上で少し腹を立てると、チームへのコメントが明確でなくなってしまう。バイクの上で落ち着けば、すごく良く機能する。序盤の結果がそのことを証明してくれた。この調子を続けたい。簡単でないことは分かっているけど、すごく良い感じ。正しい方向に進んでいると感じるから、嬉しい。」

フランチェスコ・バグナイア
「ベン・スピーズのツイートを見た。過去のライダーが僕たちに関して何らかの発言することは、いつもナイス。感謝している。昨年から異なる走り方をトライし、今はその走り方をより良く理解する。昨シーズンの後半は苦しかった。それを受け入れ、理解することが難しかったけど、プレシーズンのテスト中にフィーリングが戻った。もしかしたら、冬の間に取り組んだアカデミーとのトレーニングがモチベーションと自信を与えてくれたのかもしれない。」

「カタールでの最初のレースはタイヤをマネジメントしようとしたけど、そのレースから別の手段でタイヤを使うことを学び、2レース目は1レース目よりも速かったけど、ミスを犯してしまい、優勝の機会を逃してしまった。ポルティマオでは、バイクに対して大きな自信があり、全てに満足。加速とブレーキングに大きな可能性があり、その領域に対してもっと集中しよう。バイクはプッシュすれば、良く曲がる。奇妙なことだけど、僕たちのバイクでは上手く機能する。」

ジョアン・ミル
「ヘレスでの昨シーズンの始まりは難しかった。確かに昨年の暑さは誰にとっても非常に苦しかった。今年は涼しいようだ。これは僕たちにとって良いことになるかもしれない。誰もがこのトラックを熟知している。違いを出すことは難しいけど、僕たちのパッケージと共にベストを尽くそう。」

「目標は表彰台獲得。表彰台を争って、どうなるか見てみよう。確かに昨年はあまり良くなったけど、ポルティマオも良くなった。そこでグッドなリザルトを獲得することができたから、ベストを尽くそう。」

フランコ・モルビデリ
「僕の人生の歴史は、常に困難な時期を克服しようとトライしてきた。過去に起こったことであり、将来に起こることだろう。直面する困難な時期を乗り越えるために、十分な準備を整えたいと思う。」

マルク・マルケス
「ポルティマオは特別な週末だったけど、ヘレスでは全てが少し静かなように感じる。それが重要。通常の週末のように感じる。フィジカルコンディションは全く違うというわけではなく、前戦と同じような体調だけど、フリー走行1から上手く走りたい。目標は週末を通じて、フィジカルコンディションをより安定させること。」

「ヘレスでは良い思い出も悪い思い出もあるけど、当然、悪いより良い方が良いから、これが重要だろう。明確な目標はない。バイクを走らせるだけ。走行距離を稼ぎ、バイクのポジションを改善しよう。限界がどこか分かっている。それは、バイクでもタイヤでもない。僕自身のこと。限界を知り、どこの改善が必要なのか分かっているけど、時間と走行距離が必要だ。」

ペドロ・アコスタ
「信じられない。良いプレシーズンを過ごした後、グッドなリザルトを獲得できることは分かっていたけど、チャンオンシップに昇格したときは、こんな結果を獲得できるなんて思いもよらなかった。前半戦に勝つことは考えられなかった。仕事を続けなければいけない。数分前までは緊張していたけど、僕たちは良い仕事をしているから、僕はここにいる。」

第4戦スペインGPのフリー走行1は、明日30日現地時間09時55分、日本時間17時55分にスタート。1日に公式予選、2日に決勝レースが開催。

第4戦スペインGP~プレスカンファレンス

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第4戦スペインGPの3クラス全セッションを完全網羅の生中継で配信

 

推奨記事