Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「より速く、より強くなりたい」

4戦ぶりのポイント、サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP以来となる1桁台を狙う

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームバレンティーノ・ロッシは、17番グリッドから17位で完走した第4戦スペインGP後、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで開催されたオフィシャルテストでヤマハ発動機から供給された新しいフロントフェンダーとスイングアームのテスト、電子制御の改善に取り組んで73ラップを周回。週末のベストラップを更新して12番手に進出。

今週末は、2002年、2005年、2008年に優勝を挙げ、昨年10番グリッドから1ラップ目に転倒を喫したルマンのブガッティ・サーキットで、12位だった開幕戦カタールGP以来4戦ぶりとなるポイント圏内への進出、昨年9月の第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP以来となるシングルフィニッシュを狙う。

「疑いなく、今週末は前戦のヘレスと比較して、ポジションを挽回し、より速く、より強くなりたい。昨年のルマンではドライコンディションで速く、強かったけど、レース前に雨が降り始めてしまい、1コーナーで転んでしまった。」

「グレートなトラック。方向転換が多い。大好き。グッドなグリップとストロングなアクセラレーションがあり、走るには本当にナイスなトラック。フリー走行1からレース終了まで、好天候に恵まれることを願う。ヘレスでグッドなテストをして、幾つかの分野を改善することができた。ルマンで確認したい」とルマンに向けて出発する前に週末の期待を語った。

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第5戦フランスGPの全セッションを完全網羅の生中継で配信