Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By motogp.com

決勝レース:ラウール・フェルナンデェスが今季2勝目

ガードナーとベツェッキが表彰台、小椋2戦連続7位、ロウズ2度目の転倒リタイア

第5戦フランスGP決勝レース(周回数:25ラップ)は16日、ブガッティ・サーキットで行われ、ポールポジションのラウール・フェルナンデェスが5ラップ目からレースの主導権を握り、第3戦ポルトガルGPに続き2勝目を挙げ、総合3位から2位に浮上した。

気温16度、路面温度25度。路面の一部が濡れたドライコンディションの中、7番グリッドのレミー・ガードナーは1.490秒差の2番手。今季4度目の表彰台を獲得すれば、2番グリッドのマルコ・ベツェッキは4.599秒差の3番手に入り、2戦連続の表彰台。

19番グリッドのトニー・アルボリーノは自己最高位の4位。前戦スペインGP後に右前腕を手術した6番グリッドのボ・ベンスナイダーは自己最高位の8位を上回り、初めてトップ5入り。14番グリッドのマルセル・シュロッターはグループ争いに競り勝って今季の最高位となる6位に進出。

16番グリッドの小椋藍は2戦連続の7位。15番グリッドのファビオ・ディ・ジャンアントニオは、他車と接触したことからロングラップペナルティを消化して8位。17番グリッドのシモーネ・コルシと18番グリッドのホルヘ・ナバーロがトップ10入り。

3番グリッドのジョー・ロバーツは、2番手走行中の5ラップ目9コーナーで週末2度目、今季4度目の転倒。4番グリッドのアロン・カネトは、1ラップ目9コーナーで今季7度目の転倒。5番グリッドのアウグスト・フェルナンデェスは、2ラップ目11コーナーで今季2度目の転倒。8番グリッドのエクトル・ガルソ、9番グリッドのステファノ・マンツィ、23番グリッドのキャメロン・ボビエも転倒リタイア。

10番グリッドのサム・ロウズと12番グリッドのチャビ・ビエルゲは、4ラップ目の8コーナーで接触して転倒。負傷代役としてフリー走行3から参戦した31番グリッドのアロンソ・ロペスは、3ラップ目の10コーナーで初転倒を喫してリタイアした。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのガードナーが20ポイントを加算。総合3位のフェルナンデェスは1ポイント差の2位に浮上すれば、総合2位のロウズは今季2度目の転倒リタイアで23ポイント差の4位に後退した。

第5戦フランスGP『Moto2™クラス』~決勝レース

第5戦フランスGP『Moto2™クラス』~決勝レースリキャップ

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第5戦フランスGPの決勝レースをオンデマンドで配信中

推奨記事