Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By Ducati Lenovo Team

ジャック・ミラー、ドゥカティからの継続参戦が決定

契約事項の延長オプションが施行され、来季2022年シーズンもファクトリーチームに所属

ドゥカティのファクトリーチーム、ドゥカティ・レノボ・チームは25日、昨年5月27日に2021年の契約プラス1年延長のオプションを含む契約を締結したジャック・ミラーとの間で、2022年の参戦に関して合意したことを発表。来季も継続してデスモセディチGPを駆けることが決定した。

ジャック・ミラー
「ドゥカティ・レノボ・チームとのアバンチュールをもう1シーズン継続できることが本当に嬉しい。このカラーに身を包むことは本当に名誉であり、デスモセディチGPと共に2勝を挙げられたことは本当に夢のようだった。この数ヶ月間を通じて、ドゥカティとチーム全体からの多大な支援がなければ可能ではなかった。常に僕を信頼してくれたジジ、パオロ、ダビデ、クラウディオに感謝したい。」

「今後は今シーズンだけに集中する。総合4位。ポイントリーダーからそれほど離されていないし、チャンピオンシップはまだ長い。このポジティブな流れを維持し、タイトル争いにトライするために全力を尽くす。フォルツァ・ドゥカティ!」

ルイジ・ダリーニャ(ジェネラルマネージャー)
「ジャック・ミラーの継続起用を発表できることを大変嬉しく思います。今シーズンの序盤戦で彼は素晴らしい才能、プロフェッショナルな姿勢、強い決定力を証明し、困難なシーズンスタートの後、異なるコンディションの下で非常に重要な2勝を挙げる能力がありました。」

「我々のデスモセディチGPを最も上手く解釈するライダーの1人であることは確かであり、先日のルマンで証明したように様々な状況の中で可能性を最大限に引き出しています。我々の目標はタイトル獲得であり、ジャック、そしてペッコ・バグナイアが2022年も主役になることができると信じます。」

ドゥカティ・レノボ・チームは、今週末にホームグランプリとなる第6戦イタリアGPに挑戦。16ポイント差の総合4位に浮上したジャック・ミラーがムジェロ・サーキットでの初表彰台、初優勝を狙う。

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第6戦イタリアGPの全セッションを完全網羅の生中継で配信