Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

「重要なフィードバックと情報を提供」

テストライダーのシルバン・ギュントーリと共に『GSX-RR』のセッティングを突き詰める

チーム・スズキ・エクスタージョアン・ミルは、第7戦カタルーニャGPで4位を獲得した後、バルセロナ-カタルーニャ・サーキットで開催されたオフィシャルテストに参加。新しいパーツが投入されなかったが、細かいところの調整を進めながら65ラップを周回して0.416秒差の4番手に進出した。

「良いテスト日となった。試すべきことはあまりなかったけど、ライディングポジションにおけるジオメトリのセッティングや電子制御などに取り組み、全てがポジティブだった。リアサスペンションとリアショックも少し調整した。」

「幾つかの分野における重要なフィードバックと情報をチームに提供することができ、これから収集したデータを検証しよう。テストで取り組んだことに満足だけど、疲れた2週間だったから、帰宅してドイツに向けて準備を始めよう」とテスト内容を説明。

ホームグランプリ直前に右手首を骨折したアレックス・リンスの代替として招集されたテストライダー、シルバン・ギュントーリは3月以来となるテストに参加。

「本当に喜び。カタールのテスト以降『GSX-RR』に乗っていなかったから、もう一度走らせたことが嬉しい。フィーリングは本当に良かった。久しぶりだったから、ラップタイムで叩きのめされるのではないかと少し心配していた。実際には、バイクとタイヤから非常に良いフィードバックがあり、72ラップを走破。プログラムを完了することができ、しっかりとしたテストとなった。スイングアームを含めて幾つかの比較に取り組んだ」とテストライダーとして役割を果たしたことを説明した。

25%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第7戦カタルーニャGPの決勝レースをオンデマンドで配信