Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By motogp.com

「バレンティーノ・ロッシの振る舞いは本当に尊敬する」

打開策を模索するフランコ・モルビデリが師匠であり同僚であるロッシの偉大さを告白

『motogp.com』がチャンピオンシップの主役たちに焦点に当てる提供する『FEATURE INTERVIEW(フィーチャーインタビュー)』は、ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームのフランコ・モルビデリから困難な状況に追い込まれたシーズン前半戦と将来の希望を聞く。

「2020年、僕自身に大きな自信が注入されたけど、実際には、何を期待していいのか分からなかった。2020年と似たようなことが続くことを願っていたけど、現実にはどうなるか分からなかった。」

「カタールで大きな打撃を受けた。ビックなショックだった。大きな前進を果たしたと理解していたけど、準備ができていなかった。そして、ムジェロ。もしかしたら、シーズンで最も厳しいレースかもしれない。ストレートで大きくタイムロスしてしまうとき、ファイトすることは非常に難しい。ムジェロはフルパワーで走るトラック。ファイトが難しいことから、非常に難しかった。」

「それが主な問題。ストレートの違いは、他のメーカーとだけでなく、メーカーの同僚たちと比較してもかなり大きい。それは大きな大きな違い。パフォーマンスやストレートのタイムだけでなく、もしかしたら、ライディングスタイルにも影響を与えることが時々あると思う。もしかしたら、過度にプッシュし始めているのかもしれない。できるようによりスムーズに走れなくなり始めているのかもしれない。いつものようにスムーズに走らなければいけないけど、時々、悪循環にはまってしまう。」

「全てのレースがタフなチャレンジ。当然のことだけど、今年は嘗てないほどだと感じる。感情を伴うバトル。他車とのバトルだけど、自分自身とのバトルでもある。当然、テクニカルサポートには喜ぶことができないけど、ヤマハからの人的な支援が嬉しい。そのことを嬉しく思う。決定的に人として成長している。『MotoGP™ライダー』であり続けたいなら、状況に立ち向かわなければいけない。今年は僕を大きく成長させてくれるだろう。そのことは確かだ。」

「ヘレスはキャリアのベストレースの1つだったと思う。表彰台を獲得し、とてもとても幸せだった。ここまでのシーズンで最高の瞬間だった。」

「バレンティーノは偉大だ。偉大なスーパースター。彼から学ぶことがある。困難な瞬間の振る舞いは、本当に尊敬する。常にできることではない。困難な状況に陥るときに前向きな姿勢を維持する彼の能力を持ちたい。それが前進させるものであり、困難な状況を克服するものだ。確かに、バレンティーノから学ぶことができることだ。」

「ヤマハとの旅を続けたい。新しいバイクを試し、どう感じるのか見てみたい。他のヤマハ勢が航海しているのと同じボートに乗って、パッケージの改良に取り組み、グッドなレースとなるようにトライしたい。これが本当に楽しみにしていることだ」とファクトリースペックが供給されることを切望し、困難な状況を打開する決意を語った。

「ヤマハとの旅を続け、同じバイクに乗りたい」

25%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第8戦ドイツGPの全セッションを完全網羅の生中継で配信

推奨記事