Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By motogp.com

「家族にとっても感動的な1日」

シーズン8戦目で4戦ぶり4度目の転倒リタイアもフロントを失っていなかったことを強調

LCR・ホンダ・カストロールアレックス・マルケスは、第8戦ドイツGPの決勝レースで4列目12番グリッドから5ラップ目の1コーナーで週末2度目、今季10度目の転倒。開幕戦カタールGP、第2戦ドーハGP、第4戦スペインGPに続き、今季4度目の転倒リタイアを喫して、総合14位から16位に後退した。

「スタートが悪く、最初の2ラップは上手く走れなかった。ダニロが最初に僕を抜いた。彼とイケルは最初の3ラップは良いペースだけど、その後に落ちてくることが見えていた。彼を抜き返そうと、クリーンなゾーンで抜いた。アグレッシブだったけど、クリーンなオーバーテイクだった。」

「ダニロは再びイン側に戻ろうとしていたと思うけど、僕が適した手段でバイクを止めるとは思っていなかったようだ。僕はワイドになれず、彼がプッシュしたように感じた。」

「何もすることができなかった。あの時点でバイクは非常に大きく傾いていた。それが全て。フロントを失っていなかった。レースでは起きることだけど、僕はレースの準備ができていたから残念。中古タイヤを履いたウォームアップ走行ではグッドなペースで走れていた。トップ8が本当に可能だと思っていたから残念」と転倒リタイアの理由を説明。

兄マルクの復帰後初優勝については、「本当に嬉しく思う。全ての手術と肩の回復に努めていた自宅での長い日々の後で、勝利に値する。」

「現時点ではまだ100%の体調ではない。日々、レース毎に苦しんでいるところを目の当たりにしてきた。腕が良くならず、どれほど苦しんでいたのを知っている。昨年は骨が良くならず、自宅で本当に大変だった。この数ヶ月間、1年半の間は本当に沢山の沢山のことが起こったから、彼にとって、家族にとってもとても感動的な1日となった。」

「ドイツに来ると、全てのオープンとなった。モンメロでの全ての問題の後で疑問符があったけど、2日目の後で優勝の可能性があることに疑いはなかった。彼のペースを見たとき、優勝に向けてトライするだろうと100%確信していた」とデータが優勝の可能性を示していたことを明かし、兄の優勝を喜んだ。

25%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第8戦ドイツGPの決勝レースをオンデマンドで配信