Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By Ducati Lenovo Team

「ポイントリーダーに接近したい」

5年前に最高峰クラスでの初優勝を挙げた思い出のトラックでファビオ・クアルタラロに挑戦

ドゥカティ・レノボ・チームジャック・ミラーは、第8戦ドイツGPの決勝レースで2列目4番グリッドから6位。総合2位とのギャップを9ポイント差に詰めた後、今週末は、最高峰クラス2年目の2016年に中断後のリスタートで初優勝を挙げ、2017年に6位、2018年に10位、2019年に9位だったTT・サーキット・アッセンで、ポイントリーダーとの31ポイント差に挑戦する。

「ドイツGPの後、今週末は紙面上では僕たちのバイクのキャラクターとって有利でないサーキットの1つだけど、有利ではないザクセンリンクで、レースでは何かが足りなかったけど、フリー走行と公式予選で戦闘的になることができたから楽観的だ。」

「オランダの気象が変わりやすい。2016年に初優勝を挙げたから良く知っている。サマーブレイク前のラストレース。前半戦を上手く締め括り、ポイントリーダーに接近したい」と週末の抱負と意気込みを語った。

25%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第9戦TTアッセンの全セッションを完全網羅の生中継で配信

推奨記事