Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By motogp.com

「表彰台、トップ5入りに向けてファイトできるだろう」

3年前に2位獲得、2年前にトップを快走したアッセンで第2戦以来となる上位進出を狙う

チーム・スズキ・エクスターアレックス・リンスは、3年前の2018年に2位を獲得したTT・サーキット・アッセンに戻り、第9戦TTアッセンのプラクティスを始めると、フリー走行1で3番手、フリー走行2で7番手。

2日目はフリー走行3で6番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4では、フロントに新品のミディアムタイヤ、リアに新品のハードタイヤを装着して連続15ラップを実行すると1分33秒台を最多の10回記録して7番手。公式予選2では、9ラップ目の8コーナーで今季8度目の転倒を喫して7番手だった。

「幸運なことに転倒したけど僕は大丈夫。フロントから少し滑ってしまった。2列目に進出できたか分からないけど、少し良くなっていたから残念。原因は良く解らない。限界だったのか、寝かせすぎたのか分からない。フロントを失ってしまったけど、明確な説明がない。」

「公式予選2に直接進み、手とタイヤを試したフリー走行4が良かったから喜ばなければいけない。まだどのタイヤを履くか分からない。収集したデータを分析して、どこでコンマ1秒を引き出せるのか見極める必要がある。」

「現実的なオプション?3位表彰台かトップ5入りに向けてファイトすることができると思う。現実的だろう。ヤマハ勢は少し飛び抜けている。」

「右手は大丈夫。あまり炎症していないことは良いこと。このトラックは高速での方向転換により、身体的に厳しいから、レースに向けて何らかの対策をしよう。完走しよう」と4位に進出した第2戦ドーハGP以来となる上位進出を狙うことを公式予選後に語った。

MotoGP™ Day』~60%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第9戦TTアッセンの決勝レースを完全網羅の生中継で配信