Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By motogp.com

『MotoGP™ファンタジー』~ドゥカティ対KTM

後半戦緒戦のファンタジー!知識、想像力、発想力、洞察力、マネジメント能力を試そう

Tags MotoGP, 2021

チャンピオンシップのオフィシャルウェブが提供するオフィシャルゲーム『MotoGP™ FANTASY(MotoGP™ファンタジー)』は、今週末に第10戦スティリアGPを開催。注目はドゥカティのカルテット、KTMの両雄、新旧王者のジョアン・ミルとマルク・マルケス。

前戦のゴールドチーム&シルバーチーム
第9戦TTアッセンのゴールドチームは、今季4勝目を挙げたファビオ・クアルタラロ(41ポイント)と20番グリッドから7位まで挽回したマルク・マルケス(35ポイント)。シルバーチームは、10番グリッドから3位表彰台を獲得したジョアン・ミル(31ポイント)とポールポジションから2位を獲得したマーベリック・ビニャーレス(30ポイント)。

ファンタジーのポイントランキング
前半戦を終了して、総合1位に進出するのはファビオ・クアルタラロ。チャンピオンシップのトップ10に進出するライダーたちが、ファンタジーのポイントランキングでもトップ10に進出するが、際立つのは、サンデーライダーと呼ばれ始めたブラッド・ビンダー。チャンピオンシップでは総合9位だが、ファンタジーでは総合5位に進出。

前半戦9戦で4勝を挙げたクアルタラロは、ゴールドチームに4回選出。ミゲール・オリベイラ、ヨハン・ザルコ、フランチェスコ・バグナイアは3回、マルク・マルケスとジャック・ミラーは2回。3度の3位を獲得したジョアン・ミルは、シルバーチームに6回選出され、ブラッド・ビンダーは3回だった。

今週末の注目はドゥカティとKTM
1997年以来19年ぶりに開催日程に復帰した2016年から2020年の1戦目まで連続優勝を挙げたドゥカティ。中量級時代に優勝経験があるヨハン・ザルコ、フランチェスコ・バグナイア、ホルヘ・マルティン、昨年3位と2位を獲得したジャック・ミラーのカルテットに注目。

ホームグランプリとなるKTMは、昨年の1戦目でブラッド・ビンダーが4位、2戦目でミゲール・オリベイラが優勝。改良型フレームを投入した第6戦イタリアGP以降、一貫して上位に進出し、コンストラクター部門で総合3位、チーム部門で総合4位に浮上した。

新旧王者の挑戦
前戦で今季3度目の3位を獲得したジョアン・ミルは、2016年にキャリア初優勝を挙げ、軽量級のタイトルを獲得した2017年に優勝、昨年は初表彰台の2位と4位に進出すれば、右回りのTT・サーキット・アッセンで10秒差の7位でフィニッシュしたマルク・マルケスはサマーブレイクを利用してバイクを使用したトレーニングを再開。右回りのレッドブルでは、2017年から3年連続してコンマ数秒差の2位を獲得していた。

2人のテストライダー
KTMのテストライダー、ダニ・ペドロサがワイルドカード、ヤマハのテストライダー、カル・クラッチローが負傷代役として今季初参戦。公式予選と決勝レースをかき回す存在となるのか注目される。

さあ、チャンピオンシップの知識を駆使した無料オフィシャルゲーム『MotoGP™ファンタジー』に無料登録し、第10戦スティリアGPの公式予選1が始まる前までにゴールドチームとシルバーチームを結成しよう!

ファンタジーランキング
1. ファビオ・クアルタラロ:264ポイント
2. フランチェスコ・バグナイア:220ポイント
3. ヨハン・ザルコ:220ポイント
4. ジョアン・ミル:216ポイント
5. ブラッド・ビンダー:180ポイント
6. ジャック・ミラー:174ポイント
7. マーベリック・ビニャーレス:169ポイント
8. ミゲール・オリベイラ:158ポイント
9. マルク・マルケス:125ポイント
10. アレイシ・エスパルガロ:113ポイント

想定金額ランキング
1. ファビオ・クアルタラロ:440万ユーロ
2. ジョアン・ミル:400万ユーロ
3. ヨハン・ザルコ:390万ユーロ
4. フランチェスコ・バグナイア:330万ユーロ
4. ジャック・ミラー:330万ユーロ
6. マルク・マルケス:320万ユーロ
6. ブラッド・ビンダー:320万ユーロ
8. ミゲール・オリベイラ:290万ユーロ
9. マーベリック・ビニャーレス:280万ユーロ
10. アレックス・リンス:220万ユーロ

50%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、1992年開幕戦日本GPから第9戦TTアッセンまで約4.5本の動画をオンデマンで配信

推奨記事