Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By motogp.com

フリー走行3:レミー・ガードナーが1番手浮上

ベツェッキ転倒後2番手、カネト3番手、ラウール・フェルナンデェス6番手、小椋7番手

第10戦スティリアGPフリー走行3は7日、レッドブルリンクで行われ、初日総合3番手のレミー・ガードナーが今季9度目のトップタイムをマーク。第8戦ドイツGPに続き今季4度目のフリー走行総合1番手に進出した。

気温24度、路面温度29度のドライコンディションの中、今季初めて初日総合1番手発進を決めたマルコ・ベツェッキは、3ラップ目の3コーナーで週末2度目、今季3度目の転倒を喫した後、0.075秒差の2番手まで挽回。

初日総合5番手のアロン・カネトは0.174秒差の3番手。初日総合2番手のアウグスト・フェルナンデェスと初日総合4番手のサム・ロウズがトップ5入り。

初日総合9番手のラウール・フェルナンデェスは0.273秒差の6番手。

初日総合8番手の小椋藍は0.388秒差の7番手。初日総合7番手のロレンソォ・ダッラ・ポルタ、初日総合15番手のマルコス・ラミレス、初日総合14番手のマルセル・シュロッターがトップ10。

初日総合13番手のトニー・アルボリーノは11番手。初日総合6番手のトーマス・ルティは12番手。初日総合17番手のソムキャット・チャントラは13番手。初日総合10番手のチェレスティーノ・ヴィエッティは4コーナーで今季7度目の転倒を喫して15番手。初日総合18番手のファビオ・ディ・ジャンアントニオは0.782秒差の17番手だった。

第10戦スティリアGP『Moto2™クラス』~フリー走行3

50%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第10戦スティリアGPの公式予選と決勝レースを完全網羅の生中継配信

推奨記事