Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By motogp.com

「マルクと同じことするために前に行かせた」

マルク・マルケスと同じタイミングでバイクを交換するために主導権を譲り、怒涛の8人抜きで交換組の1番手でゴール

ドゥカティ・レノボ・チームフランチェスコ・バグナイアは、第11戦オーストリアGPの決勝レースで1列目3番グリッドから積極的にレースの主導権を握り、1番手から2番手に後退した25ラップ目の終わりにバイクを乗り換えることを決断。

最終ラップに8人を抜き、12.991秒差の2位でゴール。7戦ぶり4度目の表彰台を獲得しポイントリーダーとのギャップを58ポイント差から47ポイント差に詰め、総合4位から2位に浮上した。

「優勝するには、あと1ラップ足りなかったけど、僕は嬉しい。僕たちは最善を尽くし、本当に良い仕事をした。このカテゴリーでのベストレースだった。」

「勝ちたかったけど、雨が降り始めたときは、何をしていいのか分からなかった。この状況におけるナンバーワンはマルク。彼と同じことするために、前に行かせた。多くのライダーたちがバイクを交換しなかったから、一瞬、間違った判断だったと思った。」

「ウェットタイヤを履いた最初の数周は非常に難しく、新しいフィルムが付いているから、マルクにように転びやすかったけど、グッドなリズムを掴むことができ、表彰台に向けて多くのライダーたちを追い抜くことができた。」

「何も起こらない普通の日曜が必要だ。レースは物凄く順調だった。終盤に向けてタイヤを温存し、雨が降ってしまったけど、ドライでもウェットでも状況を上手くマネジメントした。もう一度トライしよう!次戦のシルバーストンでもグッドなリザルトに向けてファイトができるはずだ」と自己最高位タイの2位を獲得したレースを振り返り、次戦で最高峰クラスの初優勝に再度挑戦することを誓った。

「ブラッド・ビンダーのラストラップは信じられない」

50%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、レッドブルリンクで開催された後半戦2連戦、第10戦スティリアGPと第11戦オーストリアGPの全動画をオンデマンで配信

推奨記事