Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By motogp.com

「今年は転倒を救うことができない」

スティリアGPの公式予選2とオーストリアGPのフリー走行4で似たような転倒を繰り返す

レプソル・ホンダ・チームマルク・マルケスは、第11戦オーストリアGPのフリー走行4で同舞台レッドブルリンクで1週間前に開催された第10戦スティリアGPの公式予選2と同じ3コーナーでシーズン11度目の転倒。2日目終了後、転倒を回避できなかったことを説明した。

「今年はこのような転倒を救うことができない。フロントをプッシュすると、肘でプッシュすることができず、セーブすることができない。セットアップが多少関係しているけど、フロントが行ってしまうと行ってしまう。過去にそのセットアップを使用し、同じような感覚だった。安定していてスムーズだけど、フロントを失ってしまうと転倒を救うことができない。」

「今日の転倒は基本的に先週末の予選に少し似ていた。ブレーキをかけ、少し動いてしまい、バイクのポジションを失った。少し諦めた。フロントタイヤをプッシュし過ぎて、フロントを失ったけど、大丈夫。コーナーだ。レースでは細心の注意を払わなければいけない。全てのブレーキングポイントで重量を維持するためにスムーズになる必要がある」と状況を説明。

復帰した第3戦ポルトガルGPから第11戦オーストリアGPまでに今季は12回の転倒数を記録。タイトルを逃した2015年は年間で13回。タイトルを奪回した2016年は17回、2017年は27回、2018年は23回、2019年は14回、緒戦で右上腕骨を骨折した2020年は2回だった。

 

50%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、レッドブルリンクで開催された後半戦2連戦、第10戦スティリアGPと第11戦オーストリアGPの全動画をオンデマンで配信