Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By motogp.com

決勝レース:レミー・ガードナーが今季4勝目

ベツェッキ2位、ナバーロ3位、小椋9位、ラウール・フェルナンデェスが転倒リタイア

第12戦イギリスGP決勝レース(周回数:18ラップ)は29日、シルバーストンで行われ、4番グリッドのレミー・ガードナーが4戦ぶり4勝目を挙げ、タイトル争いにおいて、ライバルたちとのアドバンテージを拡大した。

気温17度、路面温度24度のドライコンディションの中、ポールポジションのマルコ・ベツェッキは0.481秒差の2位。今季6度目の表彰台を獲得すれば、2番グリッドのホルヘ・ナバーロは1.930秒差の3位に入り、2019年9月の第14戦アラゴンGP以来今季初表彰台を獲得。

3番グリッドのサム・ロウズは2.284秒差の4位。2戦連続の4位でフィニッシュすれば、番グリッドのファビオ・ディ・ジャンアントニオは5位。7番グリッドのアウグスト・フェルナンデェスと8番グリッドのアロン・カネトが続き、9番グリッドのチャビ・ビエルゲは8位。

14番グリッドの小椋藍は12.877秒差の9位。10番グリッドのジョー・ロバーツは10位。17番グリッドのトーマス・ルティは11位。

5番グリッドのラウール・フェルナンデェスは、8番手走行中の15ラップ目13コーナーで今季3度目の転倒を喫して今季2度目のリタイア。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのガードナーが25ポイントを加算。総合2位のフェルナンデェスに対して、アドバンテージを19ポイント差から44ポイント差に広げた。

第12戦イギリスGP『Moto2™クラス』~決勝レース

第12戦イギリスGP『Moto2™クラス』~バックドロップインタビュー

 

50%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第12戦イギリスGPの決勝レースをフルセッション、ハイライト、リキャップ、インタビューの動画を配信