Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By motogp.com

「アラゴンに参戦?イエス」

代替3戦目の反省と今後の課題を説明、総合1位のクアルタラロと新加入するドビツィオーソを評価

ヤマハのファクトリーチーム、モンスターエナジー・ヤマハから代替として第12戦イギリスGPに起用されたテストライダーのカル・クラッチローは、19番グリッドから3戦連続の17位で完走。実戦3戦目でファクトリースペック『YZR-M1』に乗り換え、将来を見据えたテストプログラムに着手し、今後の課題を説明。決勝レース後には、次戦アラゴンGPに参戦することを明かした。

シルバーストンでの代替3戦目
「本当のところ、ポジションには喜べないけど、レースには満足。当然、後方からスタートすると、そうなってしまう。最終ラップは(2016年に)表彰台を獲得したときよりも、1秒速かった。これがプレミアクラスの現実。誰もが速い。誰もがグッドなバイクを走らせている。」

「ドゥカティのバスティアニーニとマリーニとファイトした。これが問題。彼らのバイクはストレートでものすごく速いから、スロットルを早めに開けなければいけないので、リアタイヤを酷使してしまう。ファビオを見ると、トップに位置したとき、シンプルに自分の走行ラインで走っていた。」

「彼らの後方に位置した10ラップの間、フロントタイヤの温度が上昇したことから、フロントがブロックされ、はらんでしまった。その間にリアタイヤが破壊した。他のライダーたちと同じように悪い時期を過ごしたけど、上手くマネジメントができたと思う。全体的に満足。ペースは良かった。僕たちはバイクの沢山のことを理解した。」

「長いレース中には、何度か怖い瞬間があった。初日にマルクが転倒したところで、バイクがロック・トゥ・ロックで揺れ、ブレーキがなかった。とにかく、仕事の仕方に満足。ヤマハで2番手。何て言えばいい!17位だったけど、2番手だった。」

「長いレース中には、何度か怖い瞬間があった。初日にマルクが転倒したところで、バイクがロック・トゥ・ロックで揺れ、ブレーキがなかった。とにかく、仕事の仕方に満足。ヤマハで2番手。何て言えばいい!17位だったけど、2番手だった。」

ファビオ・クアルタラロ
「誰もが知っているように、彼は波に乗っている。コーナーエントリーに対するバイクの乗り方は素晴らしい。負けているところだ。このバイクに慣れていない。時間が限られていたけど、彼はファンタスティックに乗れている。やっていることは素晴らしい。彼とチームを嬉しく思う。チャンピオンシップはまだ縫い合わせっていない。それは確かだ。これからのシーズンは長い。金曜に足首を痛めたように、何かが起こるかもしれない。」

アンドレア・ドビツィオーソ
「ヤマハに何をもたらすのか分からない。乗り慣れているストレートでパワフルなバイクと比較すれな大きく違う。グレートなライダーであり、グレートな男だ。上手くやれることを願う。上手くやれると思う。以前とは大きく違うと感じるだろう。あの利点が決定的に利点ではない。簡単ではないことは確かだ。」

 

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第12戦イギリスGPの全セッションと決勝レースをオンデマンドで配信