Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「バイクのフィーリングを向上させよう」

2年前に5位に進出したCOTAでファクトリースペックへの乗り換え作業を継続

モンスターエナジー・ヤマハフランコ・モルビデリは、左膝の負傷から6戦ぶりに復帰した前戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで16番グリッドから18位で完走した後、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリに滞在し、2日間のオフィシャルテストに参加すると、『Aスペック』から『ファクトリースペック』の乗り換え作業に専念して70ラップを周回。

今週末は、中量級のタイトルを獲得した2017年に優勝、最高峰クラス2年目の2019年に5位だったサーキット・オブ・ジ・アメリカズでフィーリングの向上に努めながら、前戦以上のリザルトを目指す。

「オースティンで走ることは楽しい。タフで難しいトラックだけど、大好き。前回の2019年はグッドなリザルトを獲得した。バイクのフィーリングを向上させ、全体的なパフォーマンスが良くなることを期待する。」

「ミサノのテストで本当にグッドなステップを踏み出した。2日目の最終ラップは、初日の序盤によりも決定的にフィーリングが良かった。これは既にポジティブ。僕たちは前進し、可能な限り早く改善しようと取り組んでいる」と週末の目標を説明した。

 

49.99ユーロで提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第15戦アメリカズGPの3クラス全セッションを完全網羅の生中継で配信