Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By motogp.com

「戦略はない、前回のようにスタートして逃げたい」

逆転の可能性を次戦以降に持ち込むため、ポールポジションからホームレース優勝を狙う

ドゥカティ・レノボ・チームフランチェスコ・バグナイアは、第16戦エミリア・ロマーニャGPの公式予選で今季13度目のトップタイムをマーク。明日のホームレースを4戦連続5度目のポールポジションから迎える。

「僕は幸せ。今週末のウェットは良い感じだったけど、新品タイヤを装着すると、問題が発生してしまい、トラックションがなくなってしまった。最終的に公式予選1に出走したことが役に立った。全てのセッションに出走して、周回を重ねるごとに自信が増した。公式予選2では、ポールポジションを獲得するには十分でないと考えたけど、1日を締め括るには、これ以上にない手段だった。」

「前回と同じような手段で終わらせたい。あの週末、特に低温時に取り組んだテストが役に立ったと思う。目標は逃げて、アドバンテージをマネジメントすることだけど、簡単なことではないだろう。」

「ファビオのポジションを考える必要はない。彼が僕の隣から始めるかのように、単純にプッシュするだけ。チャンピオンシップをオープンな状態にする唯一の可能性は勝つことだ。」

「ファビオについて話すことはできない。僕は勝利を目指さなければいけないだけだけど、彼が戻って来ることは分かっている。自分のことだけに集中し、トップを維持したい。コンディションがどうなるか確認しよう。」

「前回はジャックが非常に戦闘的で、ルカも戦闘力がありそうだ。レースを通じて、強いのか分からないけど、ドゥカティ勢とファイトしたい。一緒に良い仕事をすれば、もしかしたら、僕たちは逃げることができるかもしれない。」

「戦略はない。前回のように、スタートして逃げたいけど、簡単ではないだろう。他車もとても速いだろう」とポールポジションから優勝を挙げた前回のレースを再現するために、スタートからプッシュすることを強調した。

「今日は僕の日だったけど、明日はファビオが力強く戻って来るだろう」

 

29.99ユーロで提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第16戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースをグリッドのライダー紹介からパルクフェルメのインタビューまで完全網羅の生中継で配信

推奨記事