Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By motogp.com

「賢くない。転んだのは初めて」

サイティングラップで転倒しロングラップペナルティが科せられたが、KTM勢で唯一の完走

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングブラッド・ビンダーは、第16戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レース直前のサイティングランプで週末3度目の転倒を喫したことから20番グリッドではなく、最後尾の24番グリッドからスタート。

12番手まで挽回したが、トラックリミットが原因で科せられたロングラップペナルティを15ラップ目に消化したことから14番手に後退。11位でチェッカーを受けた。

「今日は忘れる1日になってしまった。硬めのタイヤを選択して、サイティングラップでタイヤを感じたかったけど、ブレーキが十分に温まていなかったから、バックストレートでフロントがロックしてしまった。賢くない。サイティングラップで転んだことは初めて。何も良いことではない。」

「レースは良くなっていると感じていた。ロングラップペナルティが科せられたけど、どこでトラックリミットを超えたのか知りたい。混乱の週末となってしまい、チームに申し訳ない。ポルティマオで上手くやろう」と12戦連続してポイント圏内でフィニッシュしたレースを振り返った。

総合6位から7位に後退したビンダー兄は、4月にポルティマオ・サーキットで開催された第3戦ポルトガルGPで15番グリッドから5位に進出。第17戦アルガルヴェGPで9位以内に進出すれば、最終戦バレンシアGPを待たずに、KTM勢の最高位が決定する。

 

19.99ユーロで提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第16戦エミリア・ロマーニャGPのフルレース、ハイライト、リキャップ、インタビュー、未公開映像を配信