Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By motogp.com

「ドゥカティはメンタリティが開き、僕の長所に取り組んだ」

覚醒したバレンティーノ・ロッシの後継者候補。終盤戦の強さと優勝の勝因を説明

ドゥカティ・レノボ・チームフランチェスコ・バグナイアは、第17戦アルガルヴェGPの決勝レースで5戦連続のポールポジションから今季3勝目。3度目のポール・トゥ・ウインを達成して総合2位を獲得した。

「本当にとても嬉しい。僕たちは今週末素晴らしい仕事をした。シーズンで最高の週末だったと思う。全てのセッションで速かったけど、レースはそれ以上に速かった。思いっきり楽しんだ。チェッカーフラッグを受けたかったけど、誰かが重大なアクシデントに遭ったという赤旗が提示されたときは怖かったけど、大丈夫だということが一番大事。僕たちはコンストラクター部門のチャンピオン。非常に重要なことだ。シーズンが終わるまで仕事を続けよう。」

「週末は1台をミサノのセッティング、もう1台を4月のセッティングで始めた。各セッションでそれぞれのバイクを使い、ここで走ったときのセッティングで前に進むことを決断した。そこに幾つかの改善点を加えたことで、7ヶ月前と比較して大きな一歩を踏み出すことができた。」

「本当に強くなる手段を見つけた。本当に難しかった2年間を経て、それを達成することは簡単なことではなかった。これは非常に重要な負荷の追加を与えてくれ、何よりも大きな自信を持って、来シーズンに立ち向かうことに役立つ。」

「僕たちは信じられない仕事をした。僕の必要性に合わせてバイクを大幅に適応させた。今年のドゥカティはメンタリティが少し開き、僕の長所に取り組んでくれた。『Moto2™クラス』で取り組んでいたことと比較して、このバイクのブレーキングに適応したと確信するけど、今では非常に鋭敏になっている。エントリーとコーナリングは、自分のライディングスタイルから来るもので、双方の融合が見つかった。来年に向けて良い基盤があると思うから、この状態を続けなければいけない」と会心の笑みを浮かべながら勝因を説明した。

「ベストモーメントだ」

 

19.99ユーロで提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、アウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェで開催される第17戦アルガルヴェGPの全動画をオンデマンで配信

推奨記事