Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By Repsol Honda Team

「グッドなペースを掴み、自信を感じていただけに残念」

精密検査の結果、深刻な怪我も骨折もなく、明日の朝に回復具合を確認して出走を判断

レプソル・ホンダ・チームポル・エスパルガロは、最終戦バレンシアGPのフリー走行3で週末2度目、今季20度目の転倒を喫したことから、サーキット内のメディカルセンターに搬送された後、精密検査を受けるために近郊の病院に転院。骨折がないことが確認された。

「不運なことに、今日は13コーナーでビックなクラッシュがあった。衝撃は非常に強かったけど、幸いなことに、シリアスな怪我はなく、病院の検査でも骨折が見つからなかった。呼吸すると、肋骨のあたりがものすごく痛い。これが一番痛い。」

「グッドなペースを掴み、自信を感じていただけに本当にがっかり。チームに申し訳ない。今夜は休んで、鎮痛剤を服用し、明日の朝、体調を確認しよう」

右側の胸部と腹部を激しく打撲したエスパルガル弟は、ウォームアップ走行前にメディカルチェックを受け、回復具合を確認して出走の判断を下すことになった。

最終戦バレンシアGP『MotoGP™クラス』~クラッシュ

 

無料提供の『VideoPass(ビデオパス)』では、最終戦バレンシアGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信

推奨記事