Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By motogp.com

フリー走行4:中上貴晶が今季7度目の最速時計

クアルタラロ、リンス、バグナイア、モルビデリがトップ5、エスパルガロ弟欠場

最終戦バレンシアGPフリー走行4は13日、サーキット・リカルド・トルモで行われ、フリー走行総合7番手の中上貴晶が最多の18ラップを周回して1分31秒台を8回記録。今季7度目のトップタイムをマークした。

ファビオ・クアルタラロが最速ペースで周回
気温21度、路面温度24度のドライコンディションの中、フリー走行総合9番手のファビオ・クアルタラロは、16ラップを周回すると1分31秒台を最多の10回記録して0.069秒差の2番手。フリー走行総合3番手のフランコ・モルビデリは、1分31秒台を5回記録して0.179秒差の5番手。フリー走行総合10番手のバレンティーノ・ロッシは0.609秒差の17番手。フリー走行総合19番手のアンドレア・ドビツィオーソは18番手。

スズキの両雄が31秒台で周回
フリー走行総合11番手のアレックス・リンスは、16ラップを周回すると1分31秒台を7回記録して0.130秒差の3番手。フリー走行総合6番手のジョアン・ミルは、14ラップを周回すると1分31秒台を8回記録して0.288秒差の6番手。

マーベリック・ビニャーレスが10番手に浮上
フリー走行総合18番手のマーベリック・ビニャーレスは、17ラップを周回すると1分31秒台を6回記録して0.321秒差の10番手。フリー走行総合1番手のアレイシ・エスパルガロは、4ラップ目の2コーナーで今季18度目の転倒を喫して12番手。

ジャック・ミラーが連続18ラップを周回
フリー走行総合4番手のフランチェスコ・バグナイアは、16ラップを周回すると1分31秒台を6回記録して0.169秒差の4番手。フリー走行総合5番手のホルヘ・マルティンは0.315秒差の9番手。フリー走行総合8番手のヨハン・ザルコは14番手。

フリー走行総合2番手のジャック・ミラーは、連続18ラップを周回して0.555秒差の15番手。フリー走行総合15番手のルカ・マリーニは、11ラップ目の6コーナーで今季8度目の転倒を喫して16番手。フリー走行総合21番手のエネア・バスティアニーニは20番手。

ミゲール・オリベイラが20番手から8番手に浮上
フリー走行総合20番手のミゲール・オリベイラは、15ラップを周回すると1分31秒台を5回記録して0.298秒差の8番手。フリー走行総合12番手のブラッド・ビンダーは11番手。フリー走行総合17番手のダニロ・ペトルッチは13番手。フリー走行総合14番手のイケル・レクオナは19番手。

ポル・エスパルガロ、走行キャンセル
フリー走行総合16番手のアレックス・マルケスは0.292秒差の7番手。フリー走行総合13番手のポル・エスパルガロは、フリー走行3で転倒を喫したことから、サーキット近郊の病院で精密検査を受けたことからセッション参加をキャンセルした。

最終戦バレンシアGP『MotoGP™クラス』~フリー走行4

 

 

無料提供の『VideoPass(ビデオパス)』では、最終戦バレンシアGPの公式予選と決勝レースを完全網羅の生中継で配信