Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By motogp.com

ウォームアップ走行:新王者ペドロ・アコスタがレース前に1番時計

佐々木8番手、國井21番手、山中23番手、鈴木24番手、鳥羽転倒27番手

最終戦バレンシアGPウォームアップ走行は14日、サーキット・リカルド・トルモで行われ、今季初めてポールポジションを獲得したペドロ・アコスタが今季10度目、決勝レース前のセッションで3戦連続5度目のトップタイムをマークした。

気温11度、路面温度11度のドライコンディションの中、13番グリッドのデニス・オンジュは0.019秒差の2番手。14番グリッドのステファノ・ネパは0.129秒差の3番手。

4番グリッドのアンドレア・ミニョは4番手を維持。7番グリッドのデニス・フォッジャ、5番グリッドのフィリップ・サラッチが続き、3番グリッドのイサン・グエバラは7番手。

26番グリッドの佐々木歩夢は0.441秒差の8番手。11番グリッドのカルロス・タタイと9番グリッドのニッコロ・アントネッリがトップ10入り。

23番グリッドのジャウメ・マシアは11番手。16番グリッドのダーリン・ビンダーは13番手。10番グリッドのセルジオ・ガルシアは16番手。8番グリッドのロマーノ・フェナティは19番手。

20番グリッドの國井勇輝は21番手。22番グリッドの山中琉聖は23番手。2番グリッドの鈴木竜生は24番手。24番グリッドの鳥羽海渡は、7ラップ目の4コーナーで今季19度目の転倒を喫して27番手だった。

最終戦バレンシアGP『Moto3™クラス』~ウォームアップ走行

 

無料提供の『VideoPass(ビデオパス)』では、最終戦バレンシアGPの決勝レースをグリッドのライダー紹介からパルクフェルメのインタビューまで完全網羅の生中継で配信

推奨記事