Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By motogp.com

ヤマハ発動機が新規参戦するチームを発表

プロジェクト初年度にタイ出身のケミン・クボとスペイン出身のマヌエル・ゴンサレスを指名

Tags Moto2, 2021

ヤマハ発動機は13日、来季2022年シーズンの『Moto2™クラス』に新規参戦するプロジェクトを発表。『YAMAHA VR46 MASTER CAMP TEAM(ヤマハ・VR46・マスターキャンプ・チーム)』が始動する。

ヤマハ発動機は、ステップアップモデルと連動する育成・教育システムとして、若手を育成する体制を整え、そのミッションを実現するプログラムとして、『VR46 Riders Academy(VR46・ライダーズ・アカデミー)』とパートナーシップを締結し、イタリアで『Yamaha VR46 Master Camp(ヤマハ・VR46・マスター・キャンプ)』を2016年から毎年開催。2019年には『FIM CEV Repsol』の1カテゴリーである『Moto2™欧州選手権』に参戦するチーム『VR46 Master Camp Team(VR46・マスターキャンプ・チーム)』を結成。

今回、両者のコラボレーションの一環として、さらに新しいレベルに引き上げ、タイ・ヤマハ、ヤマハ・ヨーロッパ、ヤマハ・モーター・レーシングの支援を受け、中量級への参戦を開始。2人のヤングライダー、ケミン・クボマヌエル・ゴンサレスを起用する。

2018年にマスターキャンプに参加した後、2019年から『Moto2™欧州選手権』に参戦する22歳のタイ人ライダー、クボを世界舞台に昇格。6月の第7戦カタルーニャGPにワイルドカードとしてデビューし26位だった。

2017年に『European Talent Cup(ヨーロピアン・タレント・カップ)』の初代王者に輝いた19歳のスペイン人ライダー、ゴンサレスは2019年に『 World Supersport 300(スーパースポーツ300世界選手権)』でタイトルを獲得。今季は2年目の『 World Supersport (スーパースポーツ世界選手権)』で総合3位に進出し、第8戦TTアッセンと第13戦アラゴンGPには代替として出走22位と17位で完走していた。

『Moto2™クラス』エントリーリスト
AMERICAN RACING(アメリカン・レーシング)
・ キャメロン・ボビエ
・ ショーン・ディラン・ケーリー
ARAMCO VR46 TEAM(アラムコ・VR46・チーム)
・ チェレスティーノ・ヴィエッティ
・ ニッコロ・アントネッリ
ASPAR TEAM(アスパル・チーム)
・ ジェイク・ディクソン
・ アルベルト・アレナス
ELF MARC VDS RACING TEAM(エルフ・マーク・VDS・レーシング・チーム)
・ サム・ロウズ
・ トニー・アルボリーノ
FLEXBOX HP40(フレックスボックス・HP・40)
・ アロン・カネト
・ ホルヘ・ナバーロ
IDEMITSU HONDA TEAM ASIA(イデミツ・ホンダ・チーム・アジア)
・ ソムキアット・チャントラ
・ 小椋藍
ITALTRANS RACING TEAM(イタルトランス・レーシング・チーム)
・ ジョー・ロバーツ
・ ロレンソォ・ダッラ・ポルタ
LIQUI MOLY INTACT GP(リキモリ・インタクト・GP)
・ マルセル・シュロッター
・ ジェリミー・アルコバ
MV AGUSTA FORWARD RACING(MVアグスタ・フォワード・レーシング)
・ マルコス・ラミレス
・ シモーネ・コルシ
NTS RW RACING GP(NTS・RW・レーシング・GP)
・ バーリー・バルトゥス
・ ゾンタ・ファン・デン・グールベルク
PERTAMINA MANDALIKA SAG TEAM(ペルタミナ・マンダリカ・SAG・チーム)
・ ボ・ベンスナイダー
・ ガブリエル・ロドリゴ
RED BULL KTM AJO(レッドブル・KTM・アジョ)
・ アウグスト・フェルナンデェス
・ ペドロ・アコスタ
TEAM GRESINI Moto2(チーム・グレシーニ)
・ フィリップ・サラッチ
・ アレッサンドロ・ザッコーネ
SPEEDUP RACING(スピードアップ・レーシング)
・ ロマーノ・フェナティ
・ フェルミン・アルデグエル
YAMAHA VR46 MASTER CAMP TEAM(ヤマハ・VR46・マスターキャンプ・チーム)
・ ケミン・クボ
・ マヌエル・ゴンサレス

最終戦バレンシアGPの公式予選でポールポジションを獲得したシモーネ・コルシは、インタビューに応えた際に、来季もMVアグスタ・フォワード・レーシングから継続参戦することを明言。全15チームのラインアップが決定した。

 

無料提供の『VideoPass(ビデオパス)』では、最終戦バレンシアGPの決勝レースをグリッドのライダー紹介からパルクフェルメのインタビューまで完全網羅の生中継で配信