Tickets purchase
VideoPass purchase
News
30 days 前
By motogp.com

ウォームアップ走行:マーベリック・ビニャーレスが1番時計を記録

バスティアニーニ、中上、バグナイア、エスパルガロ兄がトップ5、マルケス兄8番手

 

第4戦アメリカズGPウォームアップ走行は10日、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、14番グリッドのマーベリック・ビニャーレスがフロント、リア共に新品タイヤを装着して10ラップを周回すると昨年9月の第14戦サンマリノ&リビエラ・デ・リミニGPのフリー走行1以来今季初めてトップタイムをマークした。

アプリリア、2戦連続の上位進出に向けて2台がトップ5入り
気温21度、路面温度26度のドライコンディションの中、13番グリッドのアレイシ・エスパルガロはフロント、リア共に新品タイヤを履いて9ラップを周回すると0.294秒差の5番手。

ドゥカティ勢が上位を維持
5番グリッドのエネア・バスティアニーニはフロントに新品タイヤ、リアに中古タイヤを履いて8ラップを周回すると0.109秒差の2番手。3番グリッドのフランチェスコ・バグナイアはフロントに新品タイヤ、リアに中古タイヤを選択して10ラップを周回すると0.206秒差の4番手。4番グリッドのヨハン・ザルコはフロント、リア共に新品タイヤを装着して10ラップを周回すると0.362秒差の7番手

ポールポジションのホルヘ・マルティンはフロント、リア共に中古タイヤを履いて9ラップを周回すると0.600秒差の11番手。2番グリッドのジャック・ミラーは0.661秒差の14番手。11番グリッドのルカ・マリーニは17番手。

マルク・マルケスは6ラップを周回
10番グリッドの中上貴晶はフロント、リア共に中古タイヤを履いて10ラップを周回すると0.168秒差の3番手。

9番グリッドのマルク・マルケスは、残り11分のところから走行を開始。6ラップを周回して0.407秒差の8番手。12番グリッドのポル・エスパルガロは0.628秒差の12番手。23番グリッドのアレックス・マルケスは16番手。

スズキは安定してトップ10入りを維持
8番グリッドのジョアン・ミルはフロント、リア共に中古タイヤを履いて10ラップを周回すると0.229秒差の6番手。7番グリッドのアレックス・リンスはフロント、リア共に中古タイヤを履いて9ラップを周回すると0.462秒差の9番手。

フランコ・モルビデリが24番手
6番グリッドのファビオ・クアルタラロはフロントに新品タイヤ、リアに中古タイヤを履いて8ラップを周回すると0.502秒差の10番手。15番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは20番手。19番グリッドのフランコ・モルビデリは、2ラップの周回にとどまって2.327秒差の24番手。

ブラッド・ビンダーがコンマ6秒差の15番手
17番グリッドのブラッド・ビンダーはフロントに新品タイヤ、リアに中古タイヤを履いて10ラップを周回すると0.664秒差の15番手。20番グリッドのミゲール・オリベイラは1.660秒差の22番手。

マルコ・ベツェッキは新人勢の最高位を維持
16番グリッドのマルコ・ベツェッキは0.628秒差の13番手。22番グリッドのレミー・ガードナーは18番手。21番グリッドのラウール・フェルナンデェスは、8ラップ目の12コーナーで今季2度目の転倒を喫して19番手。18番グリッドのファビオ・ディ・ジャンアントニオは21番手。24番グリッドのダーリン・ビンダーは23番手だった。

第4戦アメリカズGP『MotoGP™クラス』~ウォームアップ走行

 

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第4戦アメリカズGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信