MotoGP in the Media

ブラドルを継続参戦希望も中量級復帰も視野

Thursday, 03 July 2014

ドイツの専門誌、SPEED WEEK(スピードウィーク)は、ブラドルのインタビューを掲載し、LCR・ホンダからの継続参戦を希望しながら、Moto2™クラスへの復帰も視野に入れていることを明かした。

「僕の最優先事項はホンダとLCR。もし、MotoGP™クラスでトップレベルのマテリアルを使用できなければ、1年間Moto2™クラスに戻ることを考えないと。ミカ・カリオは勝っているし、トニ・エリアスはタイトルを獲得した。」

LCR・ホンダのチームマネージャー、ルーチョ・チェッキネロは、「東欧のライダーと共に我々のプロジェクトを促進されるため、ステファンの継続起用を希望します。彼はまだ全てのポテンシャルを発揮していません」と、状況を確認する発言も掲載した。

KTM、軽量級にカスタマーエンジンの供給を見送る

Wednesday, 02 July 2014

ドイツの専門サイトMOTORSPORT-TOTAL.COM(モータースポーツトータル)は、KTMのスポーティングディレクター、ピット・バイラーが、2015年はカスタマーエンジンを供給せず、エンジンを含めたコンプレートバイクのみを準備することを、カレックスの代表アレックス・バウムゲルテルとカレックスユーザーに対して告げたことを報じた。

ペドロサがHRCとの間で契約を更新

Tuesday, 01 July 2014

スペインのスポーツ紙MARCA(マルカ)は、来季の就任先に注目が集まっているペドロサが、HRCとの間で契約の更新に関して交渉が進み、基本的に合意し、現在は詳細を詰めている段階だと報道。

他のファクトリーに関しては、スズキからのオファーを断り、ドゥカティへの移籍は検討せず、ヤマハがロレンソと合意しなかった場合に限って、検討する用意があったことを説明した。

クラッチローの代理人がスズキに接触

Friday, 27 June 2014

イギリスの専門誌MCN(モーターサイクルニュース)は、クラッチローの代理人ボブ・ムーアが、2015年に復帰を目指すスズキと交渉したことを報じた。

スズキのテストチームを指揮するチームマネージャーのダビデ・ブリビオは、「カルと話し合いを持ちました。誰もが知っているように、彼は来季ドゥカティを継続するオプションがありますが、我々としては、最初に選択肢を検討します」と、説明した。

ペドロサがホームレースで自信回復

Wednesday, 25 June 2014

今年からイギリス国内でテレビ生中継を提供するBT Sportの情報サイトは、ペドロサのインタビューを掲載して、「僕がレース展開にどのくらい喜んでいるか想像できるかい?右前腕が戻ったから、自信面で満足以上なんだ」と、5月6日に腕上がり症状を克服する手術を受けてから、ようやく以前の状態まで回復したことを説明。

「日曜にレースビデオを観て、ドゥーハン、シュワンツ、レイニー、ガードナー、ローソンといった90年代のグレートなバトルを思い出した。4人が最初からファイトして、グレートなオーバーテイクが繰り返された。目を見張る素晴らしいレースだった」と、ホームレースの印象を語った。

ロレンソが2016年にドゥカティ入り

Wednesday, 18 June 2014

イタリアの専門誌、MOTO SPRINT(モトスプリント)は、ロレンソとドゥカティが2016年にコラボを結成する可能を報道。現時点では、ドゥカティ側からの提示は存在しないが、ロレンソは2年の延長をオプションとした2015年の1年契約に向けて、ヤマハと交渉を進め、ドゥカティのプロジェクトを確認した上で、2015年末に契約が満期となった際に移籍する可能性を予測した。

ブラドルは2015年参戦の契約提示待ち

Tuesday, 17 June 2014

ドイツスの専門誌、SPEED WEEK(スピードウィーク)は、ランク8位のブラドルが、まだ来年の契約に関する提示が届いていないことを明かし、現在の所属チーム、LCR・ホンダからの継続参戦を希望した。

最高峰クラス参戦4年目に向けて、ペドロサ、ロッシ、ロレンソ、ドビツィオーソの動向を待つ必要があることを説明したが、第7戦カタルーニャGPでの5位が継続参戦に向けて追い風となると語った。

ワシントン・ポストが第7戦カタルーニャGPを称賛

Monday, 16 June 2014

アメリカ首都ワシントDCの一般紙、The Washington Post(ワシントン・ポスト)は、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットでマルケス、ロッシ、ペドロサ、ロレンソが繰り広げた第7戦カタルーニャGPの決勝レースを称賛。

「オール・オア・ナッシングと自分に言い聞かせ、100%のリスクを背負った」と、開幕から7連勝を達成して、ホンダにMotoGP™クラスで通算100勝目をもたらしたマルケスの発言を掲載すれば、「グッドなスペクタクロを提供した。最終ラップは何度か接触して、最後は転びそうになったけど、最後まで優勝争いができたから嬉しい」と、3位でゴールしたペドロサのコメントを載せた。

元王者ストーナーがリラックスな生活を満喫

Thursday, 05 June 2014

今年からイギリス国内でテレビ生中継を提供するBT Sportの情報サイトは、元王者ストーナーのインタビューを掲載。家族と一緒にリラックスした生活を楽しみ、将来のことを考え始めることを明かした。

「正直、あまりレースを観戦していない。数戦観て、マルク・マルケスはホンダで良い仕事をしている。多くの人たちから、テストのことを訊かれたけど、今年は完璧に休んで、何もしないことを決断した。中本さんとリビオには、もし僕が必要ならば、テストをしようと伝えた。昨年テスト契約をしたけど、悪天候に見舞われてしまったから、走れなかったことに罪の意識を感じた。」

「オーストラリアでリラックスした冬を過ごすことになるだろう。家で愛娘のアリーとアドリアナと楽しく過ごしている。年末には旅行の計画があり、もうそろそろ将来のことを考え始めるけど、今は記憶がある中で初めてスーツケースの無い生活を楽しみ、リラックスした生活に幸せを感じる」と、心境を語った。

KTM、将来の最高峰クラス復帰を示唆

Tuesday, 03 June 2014

ドイツの専門誌、SPEED WEEK(スピードウィーク)は、ECUの共通ソフトウェアがコストダウンにつながれば、KTMが最高峰クラスに復帰する可能性を報じた。

KTMのスポーティングディレクター、ピット・バイラーは、「MotoGP™クラスはKTMのようなモータースポーツに関与する企業にとって夢ですが、このステップは大変大きく、現時点では現実的ではありません。企業、そしてレース部門の発展が続けば、この夢を検討する日が来るでしょう」と、チーム・ロバーツとコラボを組んで参戦した2007年以来となる復帰を示唆した。

軽量級首位のミラーが最高峰クラスに飛び級昇格

Monday, 02 June 2014

ドイツスの専門誌、SPEED WEEK(スピードウィーク)は、軽量級のポイントリーダー、ジャック・ミラーが魅力的な提示を受ければ、中量級を飛び越えて、最高峰クラスに進出する可能性を報じた。

「もし、複数年契約の提示を受ければ、受け入れるだろう。まともなバイクで、グッドなオファーならば、その挑戦を検討する。それがオープンオプションでも。その代わり、複数年契約でないと」と、ミラーの発言を参考に、既にHRCから提示を受けた可能性があり、パーソナルマネージャーのアキ・アジョと共に全ての提示を検討することを掲載した。

ロッシがヤマハとの2年契約を切望

Saturday, 31 May 2014

今年から24時間の専門番組を提供するスペインの大手通信事業者、テレフォニカ・デ・エスパニャ傘下のモビスターTVのスペシャルインタビューに応えたロッシは、「契約の幾つかの項目に関して交渉を継続しているところ。最初に契約期間を決める。僕は2年契約を希望し、ヤマハも同じ意向でなければいけない。その後に他の項目に関して合意しないと。契約の重要な項目は合意している」と、契約更新の意向を強調した。

CNNがロッシの通算300戦目を特集

Saturday, 31 May 2014

アメリカのケーブルテレビ向けてのニュース専門放送局、CNNは、ムジェロ・サーキットで開催中の第6戦イタリアGPで通算300戦目を迎えるロッシを特集。

「日曜、イタリアの最も偉大な息子の1人、二輪界でザ・ドクターとして知られるライダー、バレンティーノ・ロッシが通算300戦目という特別な記念日を祝う。大変特別な日を祝うのは大変特別な舞台。蛇のように巻かれたトスカーナに丘、ムジェロ。もしかしたら、最も刺激的で美しいサーキットかもしれない」と、報じた。

HRCが2015年にジョナサン・レイの起用を検討

Friday, 23 May 2014

イギリスの専門誌、MCN(モーターサイクルニュース)は、HRCのチーム代表が現在スーパーバイク世界選手権でポイントリーダーに進出する英国人ライダー、ジョナサン・レイを高く評価していることを報じた。

「彼は大変良い仕事をしています。個人的には、MotoGP™で観てみたいです。ホンダに長く所属していることから、彼にために、何かビルドアップできることを期待します。2012年にケーシー・ストーナーの負傷代役を務めたときは、決して簡単ではありませんでした。2つのチャンピオンシップを交互に移動して、異なるバイク、異なるタイヤに適応する必要がありましたが、良い仕事をしました。MotoGP™で彼の走りが観られることはナイスでしょう」と、2015年に招集する可能性を示唆した。

就任先に注目が集まるペドロサの第一希望はホンダ残留

Thursday, 22 May 2014

イギリスの専門誌、MCN(モーターサイクルニュース)は、2014年末でHRCとの契約が満期となり、将来の就任先に注目が集まるペドロサが延長契約を最優先事項として考えていることを報じた。

最高峰クラスに進出した2006年から所属するHRCに対して、「最初の選択肢はホンダ。最初の交渉は、彼らとなるけど、常に可能性を広げておかないと。スズキが僕に関心を持ってくれることが嬉しいけど、最初の交渉はホンダでないといけない」と、残留の意向を強調した。

レキップがフランスの将来を担うヤングライダーとしてクアルタラロを特集

Saturday, 17 May 2014

フランスのスポーツ紙、L’EQUIPE(レキップ)は、ルマンで初開催される『FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップ』に、2013年王者としてホームレースに挑戦するファビオ・クアルタラロをフランスモーターサイクル界の将来を期待するヤングライダーとして特集記事を掲載した。

カレックスが2015年に最高峰クラス参入を検討

Tuesday, 13 May 2014

ドイツスの専門誌、SPEED WEEK(スピードウィーク)は、Moto2™クラスとMoto3™クラスに車体を供給するカレックスの代表アレックス・バウムゲルテルが、ヤマハのエンジンを使用して、最高峰クラス初参戦を検討するマーク・VDS・レーシングとポンス・HP・40との間で、シャーシを製造する可能性に関して、交渉を継続していることを認めた。

バウムゲルテルは、ヤマハから必要な情報を入手次第、製造に着手する準備があるが、最低でも6ヶ月間の製造時間が必要であることを説明。近日中に決断が下れば、最終戦後のオフィシャルテストに向けてシャーシを投入できることを明かした。

2015年復帰スズキの標的はドビツィオーソ

Thursday, 08 May 2014

イギリスの専門誌、MCN(モーターサイクルニュース)は、2015年の復帰に向けて準備を進めるスズキが、2014年末にドゥカティとの契約が満期となるドビツィオーソとの間で、交渉が進められたことを報じた。

ドビツィオーソのパーソナルマネージャー、シモーネ・バッティステラは、「現在進行している計画に関して、直接的に把握するために交渉を持ちましたが、これは誰も行う行為です。スズキは、どのようなタイプのライダーに関心があるかを検討する必要があります。我々としては、スズキとも、ドゥカティとも、誰とも何もありません」と、201

ドルナスポーツ代表が最高峰クラスの参戦枠を説明

Tuesday, 06 May 2014

イギリスの専門誌、Motorcycle Racer(モーターサイクル・レーサー)は、ドルナスポーツのCEO最高経営責任者、カルメロ・エスペレータのインタビューを掲載。最高峰クラスの参戦枠に関して、「目標はチーム数を勧誘しないことです。現在、充分なチーム数を確保し、23名のライダーがエントリーしています。我々の理想的なライダー数は22名。参加者の価値を与えます。ファクトリー数の増加を期待します。経済的な手段として、現存のチームの合併が大変重要です。もし、経費の削減が進めば、スペクタクロは向上するでしょう。チャンピオンシップは、プライベートチームに可能性を与えます」と、説明した。

インドでヤマハの神童エスパルガロ弟を直撃インタビュー

Monday, 05 May 2014

インドの専門誌、Bike INDIA(バイク・インド)は、MotoGP™への熱狂が高まる傾向を表して、中量級王者として最高峰クラスに初挑戦するエスパルガロ弟のインタビューを掲載。「Moto2™との大きな違いは、トラクションコントロールやアンチウィリーといった電子制御。理解する必要があり、そのためには走り込みが必要。ミスを犯して、危機的な瞬間にどのようにリアクションを起こすのか理解しなければいけない。最も困難なのは電子制御とブレーキ。カーボンディスクのポテンシャルはインプレッシヴだ」と、説明した。

Advertising