初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アルヌー・ヴァンサン、再び輝くシーズンスタート

アルヌー・ヴァンサン、再び輝くシーズンスタート

アルヌー・ヴァンサン、再び輝くシーズンスタート

前日から降り続く雨の鈴鹿で、アルヌー・ヴァンサンが02年最初のレースを制した。フランス人にとっては、今回の日本GPを含め、開幕戦2度目の勝利である。アピリリアWWCに所属するライダーは常に冷静さを保ち、37人出場中、完走わずか19人と、ハードなウエット・コンディションでのレースを制覇した。

この勝利は、2000年南アフリカGP以来のWGP3勝目である。偶然にも、前回の勝利も開幕戦であり、イタリア人ミルコ・ジャンサンティを抑えての優勝であった。この年、前年同様、再び自己最高ランキング7位の成績を残した。初勝利は、99年のカタルーニャGPある。ヴァンサンは昨シーズンの最終戦リオGPで3位を獲得し、好調なリズムを維持しているといえよう。

10度目の表彰台に上がったナンシー出身のライダーは、開幕ダッシュで好位置をキープし、タイトル争いに加わることを望んでいる。

Tags:
125cc, 2002, SKYY VODKA Grand Prix of Japan

Other updates you may be interested in ›