初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

注目のライダーとして登場したビアンコ

注目のライダーとして登場したビアンコ

注目のライダーとして登場したビアンコ

若干16歳のイタリア人ライダー、ステファノ・ビアンコは、鈴鹿で125ccクラスの主役を飾った1人だった。彼の初グランプリは2000年のフィリップアイランドにて、ミルコ・ジアンサンティの代役としての抜擢であったが、今シーズンからボッシニ・ステルリンガルダ・レーシングからフル参戦する。

ステファノは、motograndprix.com に開幕戦の感想を語ってくれた。「非常に感動的だった。今、ビックなチャンピオンシップにいるし、その上、今年からはフル参戦する。以前、オーストラリアを走ったが、日曜は特別だった。」そのレースで、2度の転倒によりレースを後にしたことについて、ビアンコは「未経験のせいにするよりも、自分のミスだった。ウェットレースは初体験で、カーブで滑り、コントロールを失ってしまった。だだ、明らかにしておきたいのは、マシンは完璧に機能し、予選でも決勝でも、タイムは出ていたんだ。ポールポジションを獲得できたと思うが、最速ラップ走行中に、転倒してしまったんだ。」

決勝で最速ラップを記録したヤングライダーは、シーズンの目標について語った。「多くを学べることは確かだろう。僕は大変幸運感を抱いている。なぜなら、チームは素晴らしい仕事をしているし、僕もこのチームの全てが気に入っているんだ。日曜に収集した情報は、次のレースに役立つだろう。ビックな目標は持ちたくないけど、バイクのポテンシャルを確立したい。もし、シーズン終了後に、ランキング10位~15位に入れたら、夢が実現したと言えるかな。」

Tags:
125cc, 2002, Stefano Bianco

Other updates you may be interested in ›