初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マヌエル・ポジアーリ、1日目のトップに立つ

マヌエル・ポジアーリ、1日目のトップに立つ

マヌエル・ポジアーリ、1日目のトップに立つ

現チャンピオンのマヌエル・ポジアーリが、予選1日目を終始圧倒した。サンマリノ出身のライダーは、3周目でトップに立つと、ラスト10分には自らタイムを更新し、暫定ポールを獲得した。パブロ・ニエトとダニ・ペドロッサがそれぞれ2位、3位で王者を追う。

昨年、このグランプリを制覇した宇井陽一は、中盤まで上位を走っていたが、徐々にポジションを下げた。ランキングトップに立つアルヌ・ヴァンサンは、終始安定した走りを見せたチェッキネロに続き、5位につけた。予選終了間際、高速コーナーでユレスが転倒。イエローフラッグが振られるなど、一時、サーキットに衝撃を与えた。幸いにも重症は負わなかった。

Tags:
125cc, 2002, Africa's Grand Prix

Other updates you may be interested in ›