初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カリオ、初ポイント獲得

カリオ、初ポイント獲得

カリオ、初ポイント獲得

フィンランドの若きライダー、ミカ・カリオ(19歳)がチャンピオンシップで初ポイントを獲得した。南アフリカGPで、価値のある12位でゴールしたヤングライダーは、motograndprix.comにフル参戦デビューを果たした心境を語ってくれた。

motograndprix.com: シーズン・スタートについて満足しているかい?

ミカ・カリオ(以後M.K.):新人ライダーとしては、実際に好スタートが切れたと思う。2レース連続して、上位20以内に入り、決勝レース進出。南アフリカGPでは、初めて結果を出した。これは僕にとって重要なことなんだ。

mgp.com:チャンピオンシップで、こんなに早く、ポイントを獲得できると思ってたかい?

M.K.:ウェルコムでのポイントには僕自身も驚いているんだ。シーズン前、チームの誰も欧州以外ではポイント獲得を期待していなかった。しかし、チームは懸命に働き、毎回の練習で上達できた。ポイントがこんなに早く獲得できたことで、これからのレースでは戦うことに集中できる。僕にとって、上位と同じスピードで走れたことの方が驚いているんだ。今は、終始、スピードをキープできるように学ばなければならないね。/p>

mgp.com: フィンランドでは、君の注目度はどうだった?

M.K.:もちろん。主な新聞やテレビは僕の成績を報道していた。けど、同週末にラリーの世界選手権が行われ、フィンランド人が上位を独占したんだ。母国では、カーレースについて詳しく報道するんだ。しかし、僕のアクションも登場したはずだよ。

mgp.com:シーズンの目標はどこにおいているんだい?

M.K.:僕の第一目標は、来シーズンに向けて、最大限に学ぶこと。もちろん、上位でゴールできるように挑むけど、毎レースで限界に挑み、転倒するようなことは避けなければならない。上位で走ることが唯一の勉強法だとも理解しているけど、高速ラップ後に、転んでしまったら何の役に立たない。我慢強く、自分の時が来るのに供え、働くことが大切だと信じているんだ。

Tags:
125cc, 2002, Mika Kallio

Other updates you may be interested in ›