初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPライダー、闘牛を楽しむ

MotoGPライダー、闘牛を楽しむ

MotoGPライダー、闘牛を楽しむ

予選を明日に控え、ライダーたちはひと時の休暇を楽しんだ。宇川徹、ノリック、セテ・ジベルナー、アレックス・バロス、そして250ccライダーのフォンシ・ニエトとロベルト・ロカテッリらは、サーキット近郊に住む有名闘牛士ヘスリン・デ・ウバリクの自宅を訪問。その後、ライダーたちは、闘牛士の自宅敷地内に所有する闘牛場に招待された。

闘牛場では、子牛(1歳半から2歳まで)を相手に闘牛をするように勧められ、A・バロスやノリックらは思い切ってアリーナに飛び込んだ。ライダーは、華麗(?)にカポーラ(牛をけしかけるケープのこと)で子牛を操り、本場の闘牛を体験した。

また、サーキット横にあるゴルフ場では、ロバーツ親子を始め、ジェルミー・マックウィリアムス、ユルゲン・ファンデン・グールベルグ、レオン・ハスラム、ヤーノ・ヤンセン、東雅雄、そして宇井陽一らが参加してトーナメントを行った。この大会には、ファンも参加し、ライダーたちとゴルフを楽しんだ。

Tags:
MotoGP, 2002, Gran Premio Marlboro de España

Other updates you may be interested in ›